2016/02/16

「新しい自分」になる

麗しい姉妹、ジャクリーヌ・オナシスとリー・ラジヴィル

          021411.jpg

ジャクリーヌも素敵だけれど、妹のリー・ラジヴィルのオールホワイトの
パンツスーツ姿がノーブルで本当に素敵!

↓モノクロ写真だから色は解らないのだけれど・・・

          021413.jpg

これが、ブラックXホワイトだったとしても、
このバランス・・・最高です。
(こんなチュニックトップス、本当に欲しい!!!です!)

若い頃のお写真↓

          021414.jpg

こちらも、たぶんモノクロでしょうが、
きゅっと片方だけ結んだアクセントのボウベルトが素敵。

この頃↑からの美貌とスタイルは今も変わらず・・・

          021416.jpg

オールホワイトが本当に素晴らしくお似合いで素敵です。

          021417.jpg

現在83歳。
私も、こんな風に歳を重ねていきたいな

・・・と、前置きが長くなりましたが、

前回記事のつづき、私の一大決心とは、

「甘いものをヤメル!」ということです。

チョコレートとか、お菓子とか、ケーキとか、パフェとか・・・
そういった砂糖のたっぷり入った甘いものをやめます。

これは、私にとって・・・
お酒が好きな人がお酒をやめる。タバコをやめられずにいる人が、
ヤメル。と宣言する。に等しいのではないか?と思います。

ええっ?!!!何も、完全にやめなくても!
ストレスになるよ、反動が来るよ!というご意見も聞こえてきそうな
気もしますが(笑)

私も、何も一生食べない。と言っているわけではありません。

とりあえず、暫くの間、それらを絶ってみる。
ということをやる。ことにしたのです。

そして、その甘いもの断ちを始めてから、今日で5日になりますが、
(5日でも、わたしにとってはすごいこと!なのです・笑)
思った以上に大丈夫。平気です。

と言うより、かえって清々しく爽快な気分!かもしれません。

きっかけは・・・
整体の「コイケ先生」の言葉でした。

コ「骨盤内の動き悪いんですよね~」

ミ「だから、内膜症になっちゃうんですよね~」

コ「うーーーん。タカハシさん糖分がなぁ・・・
  一度、やめてみませんか?糖分を。」

ミ「えっ!!!そんなことできない!
 だって、甘いものは私の楽しみだもん!」

コ「ずっとって言ってるわけじゃないんですよ(笑)
 とりあえず、一週間だけ試してみませんか?」

ミ「一週間?うーん。それならできるかも?
 先生がそんなに言うなら、頑張ってみようかな?」

ミ「一週間頑張れたら、また一週間、それが出来たら
 今度の整体の日まで三週間頑張ってみるわ!」

という会話が繰り広げられたのが、先週の金曜日。

でも、私・・・うすうす感づいていたのです。
甘いもの(特に白砂糖)は、私の身体には良くないのではないか?と。

だから、やめられるものならやめてみたいけど、
それができたら苦労しないよね。

だって生まれてからこの方ずっと甘いものと共に
生きてきた人生だもの。
(コーヒーやミルクをやめるのとは、ワケが違う。)

それがなくなったら、人生の楽しみの大きな部分を
失ってしまうじゃない。

ああ、でもでも・・・

このまま甘いものを摂取しつづれば、年齢と共に代謝は
どんどん落ちて、どんどん太っていってしまう。

けれど、甘いものの誘惑には勝てない。

だから、ちょっとだけ。ならいいでしょう。
でも、そのちょっとだけ。はちょっとだけではすまなくて、

毎日、毎日、なにかしらの甘いお菓子を口にしてしまう。

特に欲しいと思わなくても、おやつだから。
美味しそうだから、と、習慣のようになんとなく食べてしまう。

先日、TVに鶴太郎さんが出ていらして、パリでの取材だったのですが、
朝早くからマルシェに行って果物を籠一杯買って・・・

嬉しそうに「これは一日か二日で食べちゃいますね。」
と仰っているのを拝見し、

果物あんなに食べても太らないのね。と思っていたら、

今度は、画材屋さんで綺麗な色の絵の具を見て、
キラキラ目を輝かせて、「魂が歓喜する!」と喜んでいらっしゃいました(笑)

その目があまりに綺麗で・・・

聞くと、朝は4時半に起き、たっぷりの果物などの朝食を
召し上がったり、瞑想をしたりするのだそう。

そんな昔のつるちゃん(笑)とは全く違う、
芸術家「鶴太郎さん」は、なんだかとっても素敵で、

あの体型も、食事やヨガなどによるものだと思うけれど、
きっとあれが、あの方の本来のあるべき体型なのだろうな。

と、最近はすこし痩せすぎのように感じていたけれど、
人間と言う生き物としてのすごく自然な姿のような気がしました。

そして、その身体からはエネルギーが満ち溢れているような
瑞々しさと若々しさを感じ・・・

なんか、鶴太郎さんって素敵。
私も鶴太郎さんみたいになりたい!って思ったのです。

今の私は、以前の鶴ちゃんみたいだわ(しゅん・笑)
ブログの顔もまん丸顔がマックスだもの。
これ以上丸くなったら、もうUPできません!

何かを変えなくては・・・


丁度そんなことを感じていた時だったし、
年末からの内膜症持病の再発、悪化・・・

電化製品ことごとく壊れて、冷蔵庫新しく買い換えた時の
気持ちよさ!

それから、何もかも真っ白に!のリセット?の気持ちからか?
白ばかりが着たくなり・・・

そんな一連の流れから考えると、

先生の提案は、自分を大きく変える時。という
メッセージだったのではないか?

人生は選択の連続で、大きな岐路に立つ選択から、
日常の小さな選択まで・・・本当に沢山の選択をしながら
生きているのだけれど、

今、この選択をしなければ、今後の私はどうなる?
なりたい自分になれるのか?

私にとっては、この「時」が人生の大きな曲がり角、
大切な選択の時。のような気がしてきて・・・

今まで乗ってきた波から、いよいよ次の波へ
乗り移る時期なのだ。と、

何故か、すごく確信でき、

ここで、「新しい自分に生まれ変わろう!」と、
大袈裟なようですが(笑)

そう思ったら、甘いものをヤメル。なんてことは、
新しい自分になる為には、なんてことないこと。

と自然に思えるようになりました。

そう決めたら、その「新しい自分」は、
鶴太郎さんのように、目は輝き、やる気に満ち溢れ、
そして、いまよりちょっとスレンダーになっている。
だから、お洒落だってますますもっと楽しめる!
(Lサイズのデニム穿いて満足してる場合じゃないのです)

皺はちょっと増えているかもしれないけど、
ぶくぶくした印象はなく、肌も生き生きして吹き出物もできず、
何よりとても健やかなのだ。

そう想像すると、何かとってもワクワクしてきて、
そのワクワク感の方が強くて、

甘いものの誘惑とか、これ食べたら美味しそうとか、
不思議とまったく思わなくなりました。

今までの、あの思い込みはなんだったのでしょう?
私は、甘いものがすき。
私は、甘いものはヤメラレナイ。

と、勝手に決めてしまっていたのは、自分だったのかもしれません。

私は、「新しい自分」を選んだので、
もう、過去の古い自分には、未練はありません。

さようなら。「甘い物が好きなちょっとぽっちゃりなミサコ」

と言っても、甘いものを一生食べない。というのではなく(笑)
たとえば、友人達とランチの時、や、

一ヶ月に一度ぐらい、その代わりどうでもいいお菓子じゃなくて、
とびきり上等な美味しいチョコを食べる。とか・・・

常習的に甘いものを口にする。という生活は金輪際なしにする。
甘いものとの付き合いは、そんな風に変えよう。と
思います。

そして、それは、コイケ先生も薦めてくださったように、
きっと内膜症にも良い結果をもたらすはずだわ。

だから・・・

そんな風に、もう「決めてしまった」ので、気分はとても爽快です。

と言っても、特に大幅にダイエットをするわけではないので、
そんなに劇的には痩せないとは思いますが(笑)

見事に自分を変えた鶴太郎さんのように、
人間として「適正な私の体型」になり、

いつまでも白が似合うリー・ラジヴィルのように、
素敵な80代マダムを目指したいと思います!

これからの「新生ミサコ」に、どうぞご期待ください
↑言い切った!(笑)

スポンサーサイト
お洒落 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 素晴らしいです!
ありがとうございます!!!
整体の前日、いや、5分前までそんなことを決意することに
なるとは、全く思っていなかったので
とても不思議ですが、まだ続いています。
その上、とても充実した気分です(笑)

最初の甘いもの、は、千疋屋のフルーツパフェにしよう!と
決めています(笑)
それまで、頑張ります!


管理者のみに表示