2015/06/21

父の日に・・・

今から47年前の父の日・・・

          052133.jpg

幼稚園での父兄会の写真です。
真ん中に写っているのが、4歳の私と36歳の父。

自分で描いた「お父さんの絵」をみんなに向かって見せなくては
ならないのだけれど・・・

他の子は恥ずかしがって、なかなか表を向けようとせず、もじもじ。

私は、自信があったので(幼い頃からしょっててすみません笑)
どうどうと「見て」とばかりに「父の絵」を表に見せています。

でも、足先を絡めて恥ずかしさをごまかしているのが、私らしいな。と
自分の幼い日のことですが・・・微笑ましくながめています。

幼稚園時代、父は、PTAの会長をしており、父兄の中でも
多少目だった存在でした。
挨拶も上手で(でも、たくさん練習していました・笑)

虫取り大会の時も、真っ先にセミを捕まえて、
園長先生が、「PTA会長さんがセミを捕まえましたー!!!」と、
大声で叫んで・・・

その時の、嬉しそうな、得意げに輝く父の笑顔を、今でも良く覚えています。

そんな父にも、赤ちゃんの時がありました(あたりまえですが・笑)

          052137.jpg

祖母は、美しく聡明の上、たいへん美意識の高い女性で・・・
お洒落も大好きだったようです。

髪結いに行くと、まっすぐ家に帰らずに、
ぐるっと遠回りをして(みせびらかして・笑)帰ったそうです。

いとこが、「おばあちゃんが生きていたら、きっとハイヒールを履いて
お洒落をしてお出かけしていたよね。」というのを聞いたことがあります。

なんだか、おばあちゃんって私に似てる?と、
自分自身でも思うのですが(笑)

祖母が亡くなって、入れ替わるように私が生まれ、
また、そんな風に性格も似ていた為、

父からも、祖母を知る親戚からも、私は祖母の生まれ変わりだと
言われて育ちました。

もちろん、それは空言であり、半分冗談のようなお話なのですが、
半分は本気?のような・・・(笑)

なので、祖母が出来なかったこと、おそらく望んでいた。と思うこと。
それを、私が変わりに今生で実現してあげよう。

という思いを、常にどこかに持っていたような気がします。

気の進まぬ結婚をし長男(父の兄)をもうけるも離婚。 
その後、愛する男性とめぐり合うも、結婚は許されず。

非婚のまま父を生んだけれど、ほどなくして後ろ盾(父の父)を失い、
懸命に働いて(料亭の仲居頭)生きるしか術が無かった祖母。

父方の親戚の(父を引き取りたいとの)申し出も、何度かの求婚も断り、
女手一つで男子二人を育て上げましたが・・・

おそらく気力だけで、体はそんなに丈夫ではなかったのでしょう。
じきに病に冒され、短い生涯を終えました。

そんな祖母の写真を見ると、幼子を抱いているのに、
どこか寂しそうで、不安そうで・・・

この子のためにも、「しっかりしなくては。」というきりっとした
意志のある表情の裏側に、、どこか寂しげで儚げな、
複雑な気持ちを抱えているように見えてしまうのです。

だから、「おばあちゃん。私は今、とっても幸せだから。
おばあちゃんが望んでいた。と思う人生を、私が代わりに実現して、
生きているから。」と、

時々、会ったこともない祖母に言って、安心させてあげています(笑)

なので・・・

祖母はきっとこんな風に人生を送りたかったんじゃないかな?と、
勝手に想像し、様々な選択の折にも、どこかで祖母のことを想いながら、
自分なりにも”大切”と思えるものを「選んで」生きてきたような気がします。

すみません、少し話がそれましたが(笑)

そのような家庭環境で育った父だった為、常に我慢することが
身についている人だった。 

やりたいこともやらずに、人生に”思い”を残したままの人だった。
と、思っていたのですが、

最近になって・・・

父は、幸せな人生だったのではないか。と、思い直すように
なりました。

特に、人生でやりたい何か?を成し遂げたわけでもなく、
ささやかで、地道な人生だったかもしれないけれど、

晩年は、病気に苦しんで可愛そうだったけれど・・・

それでも、大好きな母と、私たちのような娘と(しょっててすみません・笑)
まりちゃんや、りかちゃんのような孫と、

それに、時々涙を流しながら
「お前たちは良か婿さんたちに来てもろて良かったぞ。」と
心から喜んでいたように、良い義理の息子達に恵まれて、

それは、本当に「得がたい幸せ」だったに違いありません。

と、思えるようになりました。

最後に・・・お気に入りのホームスタッフさんと一緒にの父。

          052553.jpg

すこ~し嬉しそうに微笑んでいるように見えます(笑)

たくさんの人達の愛情で、見守られていた父・・・
そして、想い帰せば、父自身がとても愛に溢れた人でした。

だからやっぱり、幸せな人生だった。 そう、思います。

ね? おとうさん。


スポンサーサイト
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
いいお顔してらっしゃいます!

幼いころはご苦労されたのかもしれないけれど、素敵な奥様とお嬢さん2人に恵まれて,,,きっと幸せをたくさん感じられたんではないかな。

v-398
ありがとうございます!
ほんとうですか?!

エンドラさんにもそう見えるんだったら、
きっとそうなのですね。良かった!
そうお聞きするとホッとしますv-238
父も、きっと喜んでいると思います!
ありがとうございました。


v-398


管理者のみに表示