2015/03/15

IBDP Visual Arts Exhibition ①

本日のおでかけりかちゃんと・・・エミ?

          031523.jpg

あれ?なんか顔が違う!美人になってる
な~んて(笑)

そうなんです。 エミじゃなくて、パールさん改めみなえちゃんと、
りかちゃん、珍しい3人組で休日のお出かけです。

          031525.jpg

相変らず美しいママ、みなえちゃん

今日は、こども達の面倒はパパが見てくれています。
理解ある素晴らしいパパさん!
(そして、いつも一緒のお出かけには無理やり貰ってもらった(笑)私の服を着てきてくれます。
パールとのアレンジがみなえちゃんらしくて素敵!)


りかちゃんは、この日のお出かけが楽しみで、前日の夜は
ワクワクして良く眠れなかったそう(笑)

          031521.jpg

ちょっと緊張しているようにも見えましたが、
こうしてジャガイモ笑顔も見せてくれました(笑)

電車に乗って、ずーーーっと電車に乗って、
途中で乗り換えて、

これからみなとみらい線に乗ります。

          031526.jpg

やってきたのは、横浜の神奈川県民ホールの第五展示室。

ここで、横浜インターナショナルスクールの美術選考作品展があり、
その生徒11人の中の一人が、奈尾美さんの次女まりちゃんで、

先日、ひょんなことから、彼女の作品を一部垣間見たことから、
(それがものすごいパワーで見過ごすことができなかったので・笑)

それは、ぜひ観に行きたい!と、集まったのが
この3人のメンバーなのでした。

しかし、会場に入ったら、
その美術選考の高校生達の作品を見る前に、なんと!

そこのEealy-Learning(3歳~5歳の幼児)クラスの作品が
展示されていたのですが、それがまた素晴らしかったのです

ここのプログラムは、Ressio Emillia(レッジョ・エミリア)の保育実践に
基づいており(後ほど、また触れさせていただきますね。)

          031528.jpg

こども達の作品は、みなのびのびして、発想が自由で、キラキラと
した魂が感じられ、

          031530.jpg

観ているだけで、ニコニコととてもハッピーな気持ちになりました

          0315100.jpg

りかちゃん、真剣に覗き込んで観てます(笑)

素敵な作品! 周りの額(?らしきもの・笑)も素敵!飾りたい。

          031532.jpg


レオナルド・ダヴィンチの言葉と共に・・・
"Simplicity is the highest form of sophistication."と書いてあります。
(ultimateが highestに変えてあります。子供にも解るようにでしょうか?)
「シンプルさこそは、究極の洗練である。」

          031533.jpg

そんな哲学的とも言える深い言葉と、作品が無垢に存在しているのが、
なんとも言えず素晴らしい!

「ここに、ダヴィンチの言葉が書いてある!」と見つけたのは、
流石のみなえちゃんです。

製作過程の写真も一緒に展示してあり、それがまたかわいい。

          031534.jpg

わお、いっちょまえのペインターみたい!

          031535.jpg

音の鳴るものを集めて。 自然の中から見つけたものたち。

          031536.jpg

自由なダンスとドレスと・・・

          031539.jpg

ipadを写真にかざすと、心の赴くままに躍る子供の動画が映し出されます。

          031541.jpg

りかちゃんは、全部の動画を熱心に観ていました。

私がとても好きな作品。 とにかく色がいい。素敵!

          031598.jpg

このピュアで美しい色を出せるのは、美しい魂だからこそ。
ピカピカな楽しそうな笑顔に、心が洗われます。

          031599.jpg

ピカソが最晩年に、本当の意味での「子供の絵」を目指したのが
解るような気がする、そんな素晴らしい作品達・・・

          0315101.jpg

もう、ここだけでかなりの満足感です(笑)

     0315102.jpg

プレスクールの校長先生がとっても素敵!だったので、
写真をお願いしたら、快く応じてくださいました。

せっかくなので、皆さんご一緒に

          0315103.jpg

左から↑奈尾美さん、校長先生、りかちゃん、瑛子ちゃん、みなえちゃん

せっかくなので、私もご一緒させていただいた写真は、みなえちゃんが
撮ってくれました。

     0315104.jpg

これだけで、長くなりましたので(笑)
本編のまりちゃん達高校生の作品は、次回に持ち越しとさせて頂きますが、
(これがまたすごい!!!)

①の締めくくりとして、

レッジョ・エミリアの保育実践とは?それを知るための手がかりとなる
「こどもたちの100の言葉」という詩を書きとめましたので、
どうぞ参考にしてください。(瑛子ちゃんが送ってくれました。)


でも、百はある。


子どもには 百とおりある。
子どもには 百のことば 百の手 百の考え 百の考え方
遊び方や話し方

百いつでも百の 聞き方  驚き方、愛し方
歌ったり、理解するのに 百の喜び
発見するのに 百の世界
発明するのに 百の世界
夢見るのに 百の世界がある。

子どもには百のことばがある
(それからもっともっともっと)
けれど九十九は奪われる。
学校や文化が頭とからだをバラバラにする。
そして子どもにいう
手を使わずに考えなさい
頭を使わずにやりなさい
話さずに聞きなさい
ふざけずに理解しなさい
愛したり驚いたりは
復活祭とクリスマスだけ。
そして子どもにいう
目の前にある世界を発見しなさい 
そして百のうち
九十九を奪ってしまう。
そして子どもにいう
遊びと仕事
現実と空想
科学と想像
空と大地
道理と夢は
一緒にはならないものだと。

つまり
百なんかないという。
子どもはいう
でも、百はある。

Loris Malaguzzi(ローリス・マラグッツィ)
レッジョ・エミリア保育の創設者の一人 

(田辺敬子 訳)


胸に響き、ちょっとずきんとして、大事なことを思い出し、気づき、
心に刻んでくれる、素敵な詩だ。と思いました。


そして、次回をお楽しみに!!!
 
スポンサーサイト
Art | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: りかちゃん♪
Rさま♪
こちらこそ、いつも丁寧に、観て、読んでくださり、
本当にありがとうございます!

姪のりかの成長も見守ってくださり、とても嬉しいですv-238
おばの私が言うのもなんですが、まさしく
R様のお見立て(?笑)どおりのりかちゃんで、びっくりしました。

私も姪達の成長が楽しみですが、おばとして少しでも
何らかの役に立つことがあれば・・・と、
思っている最近です。

いつまでも子供の心を忘れず、素敵な大人になってほしいですv-352







管理者のみに表示