2015/03/12

3月10日、11日、12日

3月10日は、父の83歳の誕生日でした

          031107.jpg

父は、ホームの方々から、こんなに可愛く丁寧に飾られたお祝いの色紙を
頂いており、部屋に飾ってありました

この父の顔は心なしか少し微笑んでいるようにも見えます。

私たちが行っても、最近は泣く事も、怒ることも、
もちろん笑顔も見せませんが、

お気に入りのスタッフさんの顔を見ると、にっこりと微笑みます(笑)

ボケてはいないので、しゃべることも出来るはずなのに、
ほとんど言葉も発せず、

私たちが持ってきたおやつを次々とただひたすらに食べ続ける。という
相変らずの面会です(笑)

でも、昨日は帰ろうとしたら「もう少し居てくれ。」と懇願されました。

もう片方しか開かなくなった父の瞳は、どこを見ているのか
解らないような、私のことをしっかりと見ているような・・・

仙人のような、それとも赤子のような

なんとも言えない、その訴えかけるような瞳を振り切って
”もう少し居る”こともせずに、そのまま帰ってきました。
 
時々、父は私たちのことを恨んでいるかな?と思うこともありますが、
それでもいい。とも思っています。

あのままでは、お互いが苦しめあうことになってしまっていたであろうし、
今、こうして穏やかに暮らせること、

そして、父も新しい家族と共に日々を精一杯生きているのだ。と
思うことにしています。

そして、今日3月12日は私たちの21回目の結婚記念日です

4年前の11日は東日本大震災で、その翌日
会社に一泊してようやく帰ってきたヒデキと一緒に、

食材も全く無く、サバ缶でひっそりささやかにお祝いしました(笑)
あれは、4年前なんですね・・・

3月10日以降は覚えておかなければならない日の連続で、
なんとなくソワソワと、緊張して過ごしています。

私たちは、結婚21年ですが父と母は一体何年なんだろう?

最近、写真を整理していた母がこんな写真を食器棚に
飾っていました

          031109.jpg

わあ、父も母も若い! 母は・・・げげっ。私に似てる(笑)
っていうか、私が母に似ている。の方が正しいですね。

私ももう少ししたらこんな風になるのかな?

母が着ているのは、着物をリフォームしてマキシ丈のドレスと
お対のジャケットに仕立てたもので、

結婚式や、授与式などのフォーマル時に着用した
お気に入りです。

母のグレイヘアーにも良く似合っていて
これを着ている母は、私も「素敵だ。」と認めます(笑)

でも、着る機会ももうあまりないので、
「今度のりかちゃんのピアノの発表会で着たら?」と

提案したら、少し顔がほころんでいました。
(最近は、一人暮らしも煮詰まりつつあり(笑)仕事を辞めた後の生きがいも見つけられずに、
すこしぼんやり気味です。)


私たちは、まだ結婚21周年だけれども、
この写真の父と母のように・・・

まりちゃんやりかちゃんの結婚式に出て、
こんな風に写真におさまるのでしょうか?(笑)

まだまだ先のことのようにも感じるけれど、
あっと言う間なのかなぁ。

ありきたりの夫婦といえども、様々な歴史が刻まれるものだなぁ。と
いろいろなことを思いながら、

両親の写真を眺めている結婚記念日です。

ちなみに、去年の記念日はヒデキ出張で一人でした。
そして、今夜は?

ヒデキ出張から帰ってきます。
ああ、めんどくさいけど夕飯をつくらなくちゃ~(笑)

蕾を付けていた胡蝶蘭が今日、一輪咲きました。

          031205.jpg

記念日にありがとう



スポンサーサイト
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Rさま
いつも優しく心温まるお言葉、ありがとうございます!
R様も、どうぞ素敵な春をお過ごしくださいe-235

いつも読んでくださって、
ありがとうございますe-466e-420

管理者のみに表示