2014/12/02

ハワコレ☆Vol.5

とうとう・・・ハワコレ☆もこれで最後の回になりました

一日3パターンX5=15ルック 私自身が一番楽しんでいた
ハワコレでしたが(笑)
少しは、ご一緒に楽しんでいただけましたでしょうか?

今まで、旅行の写真を後で見て、

「ああ、また同じ格好してる。つまんないな。」
「あれも着たのに写真に撮ってないよ。」

と後悔することがあったので、

今回は、後で見返す写真が楽しくなるように、そして取り損ねが
ないように(笑)

面倒でも着替えて、色んな格好で写真が撮れたので満足でした!

① ビショップミュージアム&フォーサイゴンでランチ

               s_DSC00575.jpg

ブラックワンピース                  H&M
帽子                        シンシア・ローリー
赤いシルクのストール&           イタリア製(ブランドはタグ取ったので解らない)
帽子につけたストールとお揃いのお花      〃
イヤリング、ブレスレット、リング        YUKI IIJIMA
サンダル                        Marie

急に帽子にお花をつけたくなり、選んだコーディネイトでしたが、
ビショップミュージアムの緑の中で、赤が映え・・・

赤を選んでよかったな。と思いました。
(これで、白いナチュラルなサマードレスだったら更に良かった・笑)

旅の後半は、ヒデキも当然のように一緒にカメラに収まり、
シャッターを押してくれました(笑)

               s_DSC00581.jpg

ヒデキは、初日にもっとTシャツ買ったのに、
何故か?これと白しか着なかったの(笑)

ショートパンツ以外は、靴もバッグもぜ~んぶハワイで買ったもの。

② ハレクラニ"House without a Key"のフラショーへ。

               s_DSC00648.jpg

麻のマキシ丈ドレス                  CHANEL
白いカーディガン                   ノーブランド
サンダル                        ファビオルスコーニ
シェルのチョーカー、イヤリング、
ブレスレット、リング                  YUKI IIJIMA

このドレスも、グッチ柄パープルのドレスを買ったブランドオフの店で見つけ、
「ハワイにぴったり!いつかハレクラニで着たい!」と

妄想が勝手に膨らみ、予定もないのに買っておいた(笑)ものでした。

そう思って買ったのに、実は、当日はパープルにするか
CHANELにするかで、ちょっと迷ってしまいました。

でも、「せっかくなんだから」とCHANELに決めてくれたのはヒデキでした。
合わせるアクセサリーも、これがいい、こっちがいい、と、
ヒデキが決めてくれました(笑)

③ 帰国・機内スタイル(日本出国と同じ)

                s_DSC00732_20141201190258c55.jpg

行きと同じなので、詳細は割愛。

スニーカーが捻挫の足をホールドしてくれて、何とか歩けました。
良かった。ほっ。

それにしても、捻挫しながら、痛い足を我慢して自撮りしている自分に笑えました

あんなにたくさんの洋服と帽子どうやって持っていったの?
というご質問も頂きまして(笑)

スーツケースのパッキングの様子も撮っていたので、
参考になるかどうか解りませんが(笑)ご紹介してみようと思います。

     s_DSC00031.jpg

洋服は、左側半分にすべて収まっています。 
それだけでなく、更に、上からいろんなものが収納されています。

10年間、地方⇔実家と毎月一回、一週間分の服をスーツケースに詰めて
送っていたので、しわにならずにたくさん詰め込む方法など、
自分なりのノウハウがあるのです(笑)

まず、洋服は畳まない、丸めない、小さくしない。がポイントです。
長いドレスなどは、一折りときには、二折りしますが、

極力たたまずに、そのままの形でできるだけ皺にならないように、
どんどん上から重ねていきます。

スーツケースの片側が盛り上がっていっぱいになっても大丈夫。
その上から、また今度は少しかさばるもの、重さのあるものなど、
大き目のポーチ(中身が見えるものが便利)に入れて、重ねると、

洋服は、自然とシュリンクされて、上に重ねたそれらも
全部すっきり収まるのです。

靴は、かさばるので少なめに(サンダル2足にバレエシューズ1足)

帽子は全部で6個(個じゃないよねきっと。)
でも、帽子は重ねてしまえばかさばりません。

頭部のへこみ部分には、壊れやすいものなどを入れて、
隙間にもいろいろ収納します。

つばの広い帽子は丸めて・・・その中に壊れ物を収納。

籠バッグの中にも、バッグを入れて、またその中に
アクセサリーなどを(すこしずつ透明ジッパー付き袋にいれて)収納。

基本、自分で解りやすければいいのですが、
このやり方で、洋服にもほとんど皺が入っておらず、

一応、携帯用のアイロンも持っていったし、コンドミニアムにも
立派なアイロンとアイロン台があったのだけれど(笑)

一度も使いませんでした。

くるくる丸めたり、畳んだりすると、かさばって意外とはいらないし、
皺が出来るし・・・で、私はずっとこのやり方です。

って、もしかして常識?なのかもしれませんね。
偉そうにすみません(笑)

あ、ヒデキはヒデキでソフトタイプのスーツケースに、自分の分を詰めて
持って行きましたよ。

私のスーツケースには、私の分だけでいっぱいいっぱいですから(笑)

そして・・・
その愛しのスーツケースちゃん

          s_DSC00034.jpg

オフホワイトの本体にカスタマイズ(?笑)したスーツケースベルトと
ネームタグで、オリジナルなバッゲイジとなり、

これが空港で流れ出てくると、
「きゃー!なんてかわいいーーースーツケースなんでしょう」と
(すみません、また自画自賛で

嬉しくてとてもテンションがあがりました(笑)

それほどお気に入りなスーツケースですが、
今は、妹の家の屋根裏に預けてあります。

ああ、またこのスーツケースと一緒に旅がしたいな・・・
暫く億劫と思っていた旅が、

また身近に感じられるようになりました

スポンサーサイト
お洒落 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示