2014/11/27

ハワコレ☆Vol.4

ハワコレ☆4日目は・・・

① テニス?みたいになっちゃった(笑)ピクニックスタイルから。

               s_DSC00422_20141123183136c49.jpg

ライラック色のショートパンツコンビネゾン     ANAP
パーカー                         ユニクロXイネス
サンバイザー                      ユニクロ
白レースのスニーカー                 K'oi
ゴールドのネックレス                  H&M
イヤリング                        ヴィンテージ
ブレスレット                       フランフラン

ユニクロのUVカットパーカーを羽織ってサンバイザーを被ってしまった為に、
テニス?になってしまいました

たとえば、ハオリをShadeのベージュにしたら?帽子を変えたら?
もう少しエレガントなスタイルになったかもしれません。

色が気に入ったコンビネゾンで、一度ぐらいショートパンツも穿いてみたい!
ハワイで一度着たらまりちゃんにあげよう!と購入、試してみましたが、

こういう格好はやはり手足のスラリと長い西洋人にお任せした方がいいですね。
と、再確認(笑)

金髪、青い目、長い手足・・・そんな西洋人はTシャツとショートパンツで
十分素敵なのです 眩しく感じる程に。

私達日本人は(私達と言っては語弊があるかもしれません、西洋人なみの容姿の
日本人もいらっしゃるので)

残念なことに、シンプルに西洋人と「同じような格好」では外見的にどうしても
「見劣りしてしまう」のです。

それを悲しくなるほどに、実感した過去があり・・・
特に海外では「見劣りしないおしゃれを」
心がけるようになりました。

それは、私の場合、ブランドの力を借りる。とか言うことでは無くて、
(見劣り→ブランド品を身につける、という方向に走る日本人が多いように感じますが、
それでも「見劣り」は解消しないように思うからです)


アクセサリーを含めた全身トータルでのコーディネイト

そこには、「和風」ということではなく、日本の着物を意識した全体での
着こなしのイメージがどこかにあります。

「ああ、どうやっても外人と比べると見劣りしちゃう
「人種的に外見に優劣がある。と認めざるを得ないよね。」と

おしゃれをしたつもりでもなんとなくいけてない自分にがっかりしていた
家族旅行のハワイで・・・

「日本人は、日本人が引き立つ装いをすればよか。着物は日本人しか似合わんぞ。」
とヒントをくれたのは、父でした。

実際にハワイで着物を着るわけにはいかないから(笑)
日本人が一番素敵に見える、着物に匹敵するような華のある装いをしよう!

西洋人には叶わない体型が露になる格好をするのではなく、
持って生まれた容姿を生かすように、
トータルバランスでの艶やかさで勝負するのよ!

着物と帯の組み合わせを意識した、日本人ならではの色合わせ
を思い描いてみたり・・・

半襟やかんざしといった小物の役割を果たしてくれるアクセサリーの効果を
強く意識し始めたのも、この頃から。のような気がします。

そんな反省を改めて思い出し(?笑)見劣りしないように・・・
② ワイケレ・アウトレット&カハラモール

               s_DSC00467.jpg

ホワイトトップス                     H&M
ミント色ハオリ                      H&M
ブラックライクラ二枚重ねスカート          ベッツィジョンソン
ターバンにしたプッチ風ストール          イタリア製ノーブランド
シェルのネックレス、イヤリング、リング
ブレスレット                       YUKI IIJIMA 
ゴールドサンダル                   ファビオ・ルスコーニ 


               s_DSC00476.jpg

サングラス                   プラザ系?(東京駅構内)のノーブランド

こんな格好は、日本ではしませんが(浮きますから・笑)
ハワイでは、とても評判が良かったです。

”I like your scarf!"とターバンを褒めてくれたり
「美しいですね!女優さんですか?」と、良く言われる(←しょっててすみません・笑
リップサービスも。

日本でも、外国人マダムは目が合った瞬間に目配せしたり、
とっさに一言で褒めてくれたりしますが、

海外では特に「褒めるのが挨拶」のようなものですから、
お洒落をしていると本当に良く褒めてくれます。

もちろん挨拶を兼ねたお世辞と十分承知していますが、
悪い気はしないですし、

それに気を良くして、ヒデキはたくさん買ってしまったのです(笑)

③ 夕方のカラカウア大通りお散歩&ショッピング

               s_DSC00514.jpg

ピンクワンピース                   H&M
ミント色ハオリ                     H&M
ミント色帽子                     ノーブランド
ゴールドサンダル                ファビオ・ルスコーニ
ブローチ、イヤリング               YUKI IIJIMA
リング                           K'oi

この格好でコンドミニアムのエレベーターに乗っていたら、
途中から乗車していらしたアジア人の上品なご夫人が

”You look very nice!"と褒めてくださいました。
(これも良く聞く挨拶のような褒め言葉ですね)

流暢な英語だったので日本人じゃないな、韓国人?中国人?
"Are you from Korea? or China?"とお聞きしてみたら、

”I'm from San Francisco."とお返事が。

なので、"I'm from Japan."とお伝えしてみたら
マダムも「私も日本人です。」とにっこり。

なーんだ。二人ともお互い日本人じゃないと思って会話していました。
帽子で顔はほとんど見えなかったものね(笑)

     s_DSC00524.jpg

たぶん、700円のドレスと200円のハオリ・・・には見えないと思います(笑)
YUKI IIJIMAのおかげです。

かんざしや半襟の代わりに「日本人の私」を引き立ててくれる、
大切なアクセサリー

でも、日本人を引き立てるお洒落を心がけると・・・
いわゆる日本人」らしくなくなり、謎のアジア人になります(笑)

スポンサーサイト
お洒落 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ミサコさん、
わかるw~!!
欧米人と同じようなラフな格好をするとアジア系ってみすぼらしくなってしまうのですよねー。
私は外人と一緒に写った写真を見てとても悲しくなったことがあるんです。
以来、おなざりにしないで出来る範囲で頑張ろうと誓いました!v-91
ミサコさんも書かれているように、こちらの人は気がつけばほめてくれるのでやる気もでます!v-238
でもミサコさんは本当に素敵だと思いますよ。
謎のアジア人、私も大賛成です。
naokoさん!
わかるw~~~?

そうなんですよね!アジア人が西洋人と比べて
みすぼらしく貧相に見えないようにするには、

それなりの創意工夫が必要なのですよね!

それでも、アジア人の中でもまだ香港、中国、韓国の
方のほうが存在感がある。と思います。

日本人も、もちろんお洒落で素敵な方もいらっしゃるのですが、
まだ印象が弱いな、と思ってしまいました。

やはりはっとするのは、欧米マダムv-352

少々大胆すぎるぐらいでハワイなどは丁度良く、
アクセサリーも大ぶりをドーンと、ですね(笑)

私もまた、いろいろに影響を受け、
お洒落の勉強にもなりました!(笑)

欧米人は、ほんのちょっとのことでも、
お洒落をすれば認めてくれるし、
褒めてくれる・・・

そういうこともお洒落の偏差値?を(笑)
上げている理由なのかもしれないな。と
思ったりして。

naokoさん!海外ぐらしでお洒落に磨きがかかって
いいな~e-349(笑)

私はまた、日本でちょっとだけ周りを気にしながら
浮きすぎない程度にお洒落しようと思いますが、

時々は謎のアジア人になってしまうかもしれません(笑)

いつも読んでくださって、
コメントくださってありがとうございます!

naokoさんが読んでくれる!と思って
書いています(笑)

次回帰国の折には必ずご連絡くださいねe-273
もし良かったら、美味しいハヤシライスを食べに行きましょうe-454(笑)


管理者のみに表示