2014/09/20

ブラウス一枚の季節に・・・

ブラウス一枚や、シャツ一枚で心地よい季節・・・

秋晴れに誘われて、夏より気になっていた展覧会に、駆け込みで行って参りました。

     s_092008.jpg

明日で終わりになってしまうので、早くお知らせしなければっ!!!と、
慌てて投稿しています。

以前サントリー美術館で開催された”能のエレガンス”で、
すっかり能の面(おもて)や装束に魅了されてしまった私でしたが、

今回拝見して・・・また、その魅力を再確認させていただきました。

やはり素晴らしすぎです

面は、ずっと観ていたくなるほど、その場から立ち去りがたくなるほどに、
深い深い精神性と、恐ろしいほどの芸術性を感じますし、

装束は、古くは平安。室町~江戸・・・と、気が遠くなるほどの年月を
経ているはずなのに、全く色あせておらず!
日本の染色の技術の素晴らしさに、また感動!

そして、なによりその色使い!
日本人の色彩感覚の素晴らしさには、本当に毎回感服してしまいます。

西欧の色合わせも素敵!と思うのですが、日本の色合わせに「感動」するのは
やはり、私が日本人だから?でしょうか。

どんなにたくさんの色を使っても、すべてが調和している。
(これはサントリーの時に感じたことですが、今回もそれを強く感じました)

刺繍の素晴らしさも圧巻です!!!

開催終了間際でも平日でとても空いていましたが、
イヤホンガイドをしながら観覧のおじ様が
大声で「すばらしい!!!」と叫んでおられまして(笑)
でも、私も小声でなんども「すごい!」とつぶやいていました。

ご興味ある方は、明日まで!ですので、どうぞ足を運ばれてみて
くださいね。
(同時に歌舞伎の賑々しい衣装も展示されておりましたので、
歌舞伎がお好きな方も楽しめるかと思います。)

能の面と装束の素晴らしさは、こんな小さな半券では全く伝わりませんので
ぜひ、実物を間近でご覧になって頂きたい!と思います。

図録も絶対に買おうと思ったのに、今回は面しか載っておらず・・・
残念でした。

でも、目に焼き付けた装束の素晴らしさは決して忘れません。
最後に駆け込みで観て本当に良かった!と思いました

・・・そんな私は、こんなブラウス一枚で出かけました。

               091907.jpg

また、夏に買ったH&MのSALE(1000円・笑)
スカートは、ZARAのレザーフレアの黒。
そう、白のお揃い。(m&Mのmちゃんともお揃い

スカートもやっぱり買って良かった!と思いますが、
このヴァニラ色のブラウスも買って良かった!

シルクではないですが、シルクのような風合いで、
お袖や襟元のデザインも気に入っています。

バッグはクロコ型押し茶色を合わせました。

                091902.jpg

これに、極薄のハイゲージカシミアカーディガンのベージュを手持ちして。
(寒くなったら、ときどき肩から掛ける)

アクセサリーは、もちろん!(笑)すべてYUKI IIJIMA

          s_091915.jpg

ちょっとふてぶてしい顔ですみません

芸術熱が止まらないこの秋
こんどは、あそこ、あそこも、ここも・・・と、次から次へとキリがありませんが、

これだけは、やめられない。
何ものにも替え難い「魂の栄養」・・・とは、

途中メールをやり取りしていたパールさんの言葉。
お互い同意!と

共感しあえる友がいるということも、幸せなことですね
さあ、次は何かな?お楽しみに~(笑)

スポンサーサイト
お洒落 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示