2014/07/11

節子・クロソフスカ・ド・ローラ

*画像、追加しましたので、宜しければまたご覧くださいませ。

最近、毎夜床についてから眺めているのは・・・

          s_071126.jpg

バルテュス夫人、節子さんのご本「和と寄り添う暮らし」です。

ピンク色の長襦袢が透けて映える薄水色の紗が、
初夏の緑や光の中で本当に綺麗。

この着物は、モロッコのフェズで印象深かった民族衣装の”ジュラバ”から
着想を得られたそうで、

艶やかな色の雰囲気を和装で表したら・・・と、考えて
誂えられたそうです。

”清涼な水色にお色気添えて、六十路(むそじ)の情(こころ)、
お相伴(しょうばん)する着想”
 

と添えられてあり、思わず微笑んでしまいました。

こちらの着物姿も、茶器、クロス、椅子、緑の木・・・
全ての色や景色と調和していて、このまままるで絵画みたい。

          s_071127.jpg

画像では、解りにくいかもしれませんが、
緑の無地紬には、フジコ・ヘミングさん画の帯、
帯締めと帯揚げは黄色なんです。

この後姿のなんと涼やかなこと!

          s_071128.jpg

本当に、こちらもこのまま絵画のよう!で、
うっとりとうっとりと、ずーっと眺めてしまいます。

縞の木綿縮みに、インドネシアのバティック布で名古屋帯に
仕立てた帯が映えます。

美しすぎて、思わず息を呑んでしまった写真。

          s_071125.jpg

深紅の紗を着て、足袋のままサハラ砂漠に降り立った
日本女性・・・の情景。

ああ、なんてロマンティックなのでしょう!

こちらも、可愛らしいチューリップの中で、
淡色の着物の優しさを、水色と黒を配した帯で引き締め、
エレガントかつ、すっきりとしたりりしさが漂い・・・

春の清涼感をますます引き立ててくれる、粋な演出のようです。

               07103_201407111357275dc.jpg

トルコ石色の訪問着に、藍色の帯と白鼠色の帯締め。
そこに、真っ赤な紅をさして・・・袖口からちらりと見える襦袢のレースと
肌色に思わずドキリ。

               071021.jpg

シックなお召しに絞りの帯。鮮やかな緑色の帯締め、帯揚げを
アクセントに。

               071017.jpg

この本で、節子さんの自由な発想の着こなしを拝見していて、
着物とか、洋服とか・・・そういうくくりを超越して、

”装う”ことの本質や愉しさを、たくさん感じることができました。

色あわせ、季節感、気こなしに込めた想い。
それらを、自分の感性のままに表現すること。

そこには、洋とか和とか関係なく、
「着る」という本当の意味や、どのような装いにしても、
節子さんからの「和ごころ」を大切に・・・という、
メッセージが込められているような気がしました。

私は、今後もおそらく着物は着ないかな?(笑)と思いますが、
節子さんの着こなしの真髄みたいなものを
(きちんと理解できているかどうかは全く解りませんが・笑)
どこかに留めておきたいなと、僭越ながら・・・願いつつ、
毎夜眺めています。

ああ、バルテュスの娘ハルミさんと、ハルミさんがお創りになる
アクセサリーには興味は持ったけど、
着物姿の節子さんには、まったく無関心だった十数年前(笑)

私も少しは成長(?)したのかな?と思います。
バルテュスは、何故?節子さん?と想ったけれど(←未熟でした)
今では、節子さんだからこそ、節子さんでなければ!と
強く思うのです。 本当に素晴らしい日本女性!

バルテュスと節子さん・・・このお写真も素敵。

               07102.jpg
(水色には黒を合わせられることが多い?ような気がします、真似しよう・笑)

他にも、本には、節子さんのアトリエの様子や(絵も素晴らしい!)

               07104.jpg

お部屋のしつらえや、

               07106.jpg

手作りの数々、に囲まれた暮らし・・・               

               07109.jpg

まだまだ・・・素敵がたくさんあって紹介しきれません。

そして、何より文章が素敵。

和のこころの素晴らしさを、ご自身の暮らしぶりから、
さり気無く伝えてくれる本「和と寄り添う暮らし」は、

今は眠れる森の美女と化した和のこころ、日本を再認識するという
接吻で目覚めさせられるのにと、たわいなくその時を待ち焦がれるは、
「浅き夢見しゑいもせず」・・・・・。


という、一文で閉じられていました。

ご興味を持たれた方は、こちらの本をぜひどうぞ。

ド・ローラ節子の和と寄り添う暮らし (とんぼの本)ド・ローラ節子の和と寄り添う暮らし (とんぼの本)
(2008/07)
節子クロソフスカドローラ

商品詳細を見る


他にも、節子さん関連のご本はたーくさん。
中身検索もできるので、捜してみてくださいね。

遅すぎる目覚め(笑)のミサコより。


スポンサーサイト
Woman | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ひゃ~!!!
みさこさん
こんばんわ。
ご無沙汰しておりますが、いつもブログ拝読しております!
先生のブログへのコメントありがとうございます。
先生の横におりますと、体格の良さが際だちますね!!!ダイエットしなければ(>.<)

タイトルひゃ~は、節子さんのお写真を拝見できたからです!
先生がもともと予定されていた三井美術館に行かれていたら、この巡り合わせはなかったのかなと思いますと、運命的なものを感じました。
みさこさん絶賛の三井美術館、明治の超絶技巧展!終前日に足を運びまして、とても素晴らしかったので、江戸切り子講座の際に先生にお勧めしたのでした。大変な混雑でしたが!
先ブログにありましたファッションショ!!私もご一緒させて頂きたいと思ったのですが、翌日仕事考慮しまして断念致しました>_<
ブログでのアップ楽しみにしてお
りま~す!
長々コメントスミマセン*
Re: ひゃ~!!!
イナホさま♪

わぁ~コメントありがとうございます!!!
先日のイナホちゃんの大人ライラック!
本当に素敵でしたv-352
ああ、私も買えば良かった~~~と、
真剣に思いましたもの!
もう、キット残ってないのかな?(←しつこい・笑)

それにしても、先生はすごいですね!
節子さんに遭ってしまうなんて・・・!!!
しかも、声を掛けられるとは!
でも、もしも、節子さんが目の前に現れたら、私も
声をあげてしまいそう(笑)

イナホさま、超絶技巧展行かれたのですね?!
私が行った時も混雑していましたが、
最終日前日なら、なおさらだったでしょうね?
日本人ってすごいですよね!
全部すごかったですが、私は、薩摩焼に一番感動しました。

今も行きたい展覧会がありすぎて、
毎日、焦って(笑)気が狂いそうです(笑)
お天気が・・・などと言っている場合ではないので
会期が終わりそうなものから、順々に攻略をはじめ
昨日は、デュフィ展&ドゥ・マゴパリ祭に行ってきました!
デュフィも最高!!!目のご馳走、目が喜ぶ!
そんな美しい絵よ!時間があったらぜひぜひ!

イナホさまも、ファッションショーに行かれないかな?と
思っていましたが・・・そうですか、ご一緒できなくて残念です。
次の日のお仕事、なんとかなりませんか?なんて(笑)

久しくイナホさまにもお会いしていないので、
そのうち、そのうち、と言いつつ、なかなかなので、
これからも、先生にイナホさま画像たくさんUPして
くださるようにお願いしておきます。

でも、そのうち、本当に・・・展覧会でも、美味しいものでも
ご一緒しましょう~e-468e-420

管理者のみに表示