2013/02/07

脳には妙なクセがある

妹のお見舞いに、持って行く本を選んでいた時に、
ふと目に付いたのが・・・

          201302071216000.jpg

『脳には妙なクセがある』池谷祐二著

これが、なかなか面白かったのではじめにの一部を
ちょっとご紹介してみます。

          201302071216001.jpg

はじめに
 一等賞をとる気分は最高です。
科学に携わることの醍醐味は、何といっても発見する喜びでしょう。
まだ誰も見たことのない事実に、一等で遭遇する瞬間のゾクゾクする快感。
 この快感は、もちろん科学に限ったことではありません。 運動会でも、
テストでも、一番になることは気持ちがいいものです。

          201302071217000.jpg
 
 え?一番になるのは選ばれた人だけですって?いいえ、そんなことは
ありません。誰もが一番になった経験があります。
 少なくとも一回はあるはずです。 たとえば、自分がまだ若かった頃。
あまりに昔のことなので記憶にないかもしれません。
 生まれるよりずっと前、そう、まだ精子だった頃です。 
水泳で一等賞をとりました。

 なんの因果か、その結果として、私たちはヒトとして生まれ、
ヒトとして育てられ、ヒトとして生きてゆくことが運命づけられました。

 ヒトは、自分がヒトであることを自覚することで、よりヒトらしくなります。
ヒト社会で揉まれることでヒトになるのです。
そして、ヒトらしく死んでゆきます。

生きる意味はなんでしょう――― 略

「その意味を探すプロセスこそがヒトとして
生きる意味ではないでしょうか」

        ― 中略 ―

だからこそ、泣いても悲しんでもヒトとして生きることが
定められている命でしたら、
せっかくなら楽しくごきげんに問いつづけたい――私はそう願っています。
詠嘆するもよし、厭世的になることもよし、苦悩するもよし。
それでも下地では、つねに前向きな姿勢を貫いて、笑顔で生きぬきたいと。
なぜなら、一等賞をとったからには、きっと気分がよいはずだからです。

          ―略―

以上はじめにより抜粋。

より良く生きるとは・・・楽しくごきげんに生きること。
私の生きる信条(?)とも一致していて(笑)
それが脳科学の見地からも、様々な研究により立証されて
いるのを知り、ちょっと気分が良くなりましたし(笑)

脳は妙に・・・IQに左右される、自分が好き、信用する、運まかせ、
知ったかぶる、ブランドにこだわる、自己満足する、恋し愛する、
ゲームにはまる、人目を気にする、笑顔を作る、フェロモンに惹かれる、
勉強法にこだわる、赤色に魅了される、・・・・etc.の
全26章より、

さらに脳の妙なクセをたくさん学べて、大変勉強になりました

   201302071218000.jpg

それから、心=脳と思っていたけれど、
心は体から派生するもの、出力重視!だということ。

日ごろの身体経験の重要性を知ったので、
これらのノウハウは今後の生活にも、いろいろな場面で
役立ってくれることと思っています。

父も、興味を持ったようで、貸してくれと言うので、貸していたら、

著書のバックボーンである「11章、22章、26章は読んだぞ。」と
得意そうに言っていました。

そのせいか? 昨日は機嫌が良かったな~(笑)

スポンサーサイト
Book | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示