2012/02/07

シェルブールの雨傘

シェルブールの雨傘より・・・


   201202011859000.jpg

好きなシーンのひとつ。

ママンの赤いスーツと赤いカーテン。

白い梅?の花と花瓶の組み合わせ。

この格子窓にぴったりだな~と、見つめてしまう。


ママンは今度はピンクのスーツ。

          201202011844000.jpg

ストールは水色。

ピンクX水色は再々出てくるけど、女性が甘くフェミニンに見えます。


シャンデリアが一杯の宝石店。

   201202011901000.jpg

やっぱりママンに目が行く私。

好きなイエローXブラックの組み合わせ。


ジュヌヴィエーヴのコートはこれです。

   201202071112000.jpg

よくよく見ると、全然違います(笑)

おそらく、全編で出てくるママンスーツとジュヌヴィエーヴのコートの

入り交ざった記憶、印象だったのだと思います。


ここでびっくり!なのは・・・

   201202071116000.jpg

ジュヌヴィエーヴが活けている花は、なんと菊なんです。

それから、菊って素敵!と、

花屋さんでも菊を見るようになりました。


ママンのガウンが可愛いの~!!! ものすごく好みです。

   201202071137001.jpg

このシーンの・・・

   201202071154000.jpg

ママンのリトルブラックドレス&ピンクショールスタイルは、

永遠の私の理想

シンプルだけど、他にはない。と思える程、

自分にぴったりと合ったブラックドレスを見つけたい。

と・・・常に想っているのかもしれません。

バックショルダーのあしらいも素敵。

   201202071158000.jpg

ホワイト~エクリュ~ブルーグレイの世界感。

   201202071244001.jpg

カーテンにたっぷりと施された、フリンジに目が行ってしまうのは、

言うまでもありません。

ジュヌヴィエーヴのお部屋。

   201202071246000.jpg

壁紙も、ドレッサーも、ドレッサーの上に置かれた

化粧品のボトルも、ヘアブラシも、手鏡も・・・

すべて可愛くて、

アップになったときに、思わず見入ってしまいます。

ママン、今度はオレンジ色のスーツに・・・

   201202071249000.jpg

色とりどりの天然石のネックレス。

パールを売ってしまって、しばらくノーアクセだったけれど、

きっとカサールからの贈り物かな?


ジュヌヴィエーヴのドレスは・・・

   201202071255000.jpg

思いっきり壁紙とリンクしています。


これらの画像からもお分かりいただけるように、

まるで絵をみているように、一つ一つのシーンが

とてもフォトジェニックな映画です。

重ねて美しい旋律が流れ・・・なんとも言えない気持ちになり

大きく感受性が揺さぶられます。


昔観た時は、ジュヌヴィエーヴは何故ギイを待てなかったのだろう?と、

腹立たしい気持ちにもなったような記憶がありますが、

今観ると、揺れ動いてしまう気持ちや不安も分かるなあ・・・と、

思えます。

ママンは、決してジュヌヴィエーヴに強要することなく、

娘の幸せだけを願って・・・という母性と、

節度も、良識も、優しさも兼ね備えていたけれど、

どんなことがあっても、

一人の力で生き抜いて行く。という強さは無かった。

娘を守ろうとする気持ちと同時に

娘にどこか依存し、娘の心も常に母と共にあり・・・

そんな母娘二人が選んだ道だったのだなあ。と、

否定も肯定もせず、尊重する気持ちで観ました。



そんな風に、他でも様々な場面や状況で、

昔観た印象と、また違った感想や深い想いが込みあがってきて、

名画だなあ。。。と、改めて。


余談ですが・・・

シャンソン館最後のステージで

この「シェルブールの雨傘」を歌いました。

この映画をもっと深く観ていたら

私の拙い歌ももう少し変わっていたかもしれないなあ。などと、

ちょっと思い出してしまいました。


雨の本日・・・シェルブールの雨傘など

ご覧になってみては如何でしょうか?


You Tubeなどの動画でもダイジェストですが、ご覧になれますよ。


P.S.

たった今、恩師であった芦野宏先生が亡くなられたことを

ヤフーニュースで知りました。

先生が、私のシェルブールをシャープすると言って

気に入ってくださらなかったこと・・・

優しくも、歌には厳しい先生であったこと、

切ないシェルブールの旋律と共に蘇ってきました。


悲しんで涙する皆さんの様子が目に浮かびます。


常にダンディであられた素敵な芦野先生・・・

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。




スポンサーサイト
DVD | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示