2011/12/16

冬の朝

   201112160932000_20111216220058.jpg

冬になると、日差しが低くなり・・・

窓からの光がたくさん入るようになりますね。

6時には、真っ暗でも7時になると明るくなってきて、

8時にはもう、まぶしいほど。


そんな、さんさんと降り注ぐ太陽の光いっぱいの寝室を見ると、

なんだか、


しあわせだあ~~~~


という気分になります(笑)


まだ、夜が明けきれぬ真っ暗な部屋のベッドから、

そのぬくもりに、後ろ髪を引かれる思いで抜け出して、

意識も朦朧としながら、飲み物をすすりつつ新聞を読む。

夫の出勤の手伝いを少々して・・・

洗濯機を回し、

バルコニーや、玄関、部屋の中の植物達に水を遣る。

テレビを観ながら、果物と紅茶の朝食。

パソコンをチェックし、洗濯物を干し、

ベッドメイキングを施し・・・

朝の身支度やストレッチなどをして、

寝室に戻った時など、

そんな気持ちが、ふと沸き起こってきます。

朝のしーんとした静けさの中、

小鳥の鳴き声と、清掃員の方が落ち葉を掃くほうきの音。

まぶしい光と、寝室の白い空間が

朝の光景にあっているからかもしれません。


ソファには、レースの白いクッションがひとつだけ。


これだけで、洗濯物置き場とならないように・・・との、

多少の効果はあります(笑)


クッションを作ろうと、生地までかったのだけれど、

あまりに億劫なので、

また、白いレースのクッションなど、買ってしまおうと

思い立ちました。


これから、ちょっと捜して参ります(笑)


今日も、小春日和ですね。





スポンサーサイト
インテリア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示