2015/10/31

ニキ・ド・サンファル展と3/4

金曜日は、ニキ・ド・サンファル展へ

          103139.jpg

カラフルで、キラキラで、ちょっとエキセントリックで独特なニキの世界。

   103141.jpg

そんなニキの感受性と、70年代の様々なムーブメントと空気感が
合体しているような・・・アート。と、感じました。

          103142.jpg

展覧会の後は、青山へ。

さっき見たばかりのニキの初期の作品を、思い起こさせるような、
熟れてぱっくりと割れたざくろの真っ赤な実。

          103145.jpg

夏から、一緒に行こう!と約束していた彼女は、
ニキからたくさんのクリエイティブな刺激を受けたようです。

最近、製作熱が点火しっぱなしの彼女↓

          103151.jpg

このデニムジャケットの後ろのパッチワークや↑

このグッチショルダーのリメイクやポンポンタッセルも↓

          103160.jpg

彼女のオリジナル

          103159.jpg

彼女とは・・・

そうです!イニョンちゃん~

              103152.jpg

ご一緒したのは、イニョンちゃんだけじゃなくて・・・

          103157.jpg

Ayanoちゃんも

          103153.jpg

Ayanoちゃんは、華やかな外見とは裏腹に(?笑)
今どきめったに居ない!と思うほど、
ほんっとーに、純粋で誠実な素敵な女性なんです!

展覧会会場では、まるで、モデルのようなお二人に・・・

          103155.jpg

私(←保護者)がちょっと目を離した隙に、
身の程を知らないおじ様がナンパしてきたんです(笑)

はい、ワタクシそんな長女で保護者(兼、事務所社長・笑)でございます↓

      103161.jpg

”美人4姉妹”3/4揃いました~

         103165.jpg

2女(ち~ちこ♪さん)はお仕事の都合で欠席で残念でした
次回こそ4姉妹勢ぞろいをご覧にいれたいです(笑)

そして・・・お知らせです

なんと!!!この度、4女AyanoちゃんがK'oiのスタッフとして、
迎え入れられました

Ayanoちゃんという、心強いスタッフを得て、
ますますパワーアップするイニョンちゃん&K'oi

二人とも、本当に相思相愛で(笑)一緒に居てもとっても楽しそう。

駅へ向かう私を、ずっとずっと見えなくなるまで、
見送ってくれた二人の仲睦まじい様子が、本当に微笑ましく、

暖かな夕べでしたが、心まで最後まで温かく・・・

大好きな人達(いや、姉妹だった!笑)と過ごした
素敵な、素敵な、秋の一日でした



スポンサーサイト
Art | Comments(2) | Trackback(0)
2015/10/29

3日連続秋のお出かけ

月曜日から、私には珍しく!(笑)3日連続でお出かけでした

①月曜日 ヒデキ母上のお見舞い。
この間のお買い物スタイルとほぼ一緒。

             102407_201510291435323a7.jpg

「病院」とか「お見舞い」とか特別に考えるのが面倒くさくなって
気楽にいつものお買い物スタイルで。

バッグは、このトートにしました↓

          102901.jpg

300円の帽子と相性ぴったり(笑)

ところが、この帽子・・・思いのほか評判が良く、
いろんな方に褒めていただけました。

300円!と自慢すると、ものすごくびっくりされる
その顔を見るのが、面白く楽しかったです(笑)

秋のお気に入り帽子に追加決定です

お義母さんのリハビリを見守り、談笑し、お洗濯を手伝って、
帰りました。

皆とはちょっと離れ、ピンクのリップを綺麗に引き、
窓際で本を読んでいた燐とした姿が、お母さんらしかったです。

②火曜日 OL時代海外部の同窓会へ。
  5年ぶり復活のコーディネイトを使いまわし。

                 100101_20151029143531e64.jpg

25度以上という温かい日だったたけれど、一応カシミアの黒い
大判のストールをブローチで留めて羽織って・・・

                102810.jpg

けれど、やはり温かくてほとんど手持ちでした。

懐かしの小洞天有楽町店にて、先輩や同期と

       102813.jpg

会社に残っている男性は、みなものすごく偉くなってしまったけれど、
会えば、30年前に戻ります。

「みんな太らなくて偉いねー。」
「そんなことない。太ったよー。もう、顔がパンパンで
「お前は、前からパンパンだろ!」
なんて・・・言い合える仲なのが、嬉しく楽しい会でした。

今回は、最後は専務で退職された、尊敬するM課長が
初参加となり、感激しました。

いつのまにか、全員の分のシュウマイのお土産を用意してくれて
いたM課長。 やっぱりさすがでした。

こうして、同窓会を毎年のように開催できるのも、今でも
「先輩!」と慕ってくれる、たった一人の可愛い後輩のお陰です。

それにしても、小洞天のシューマイは相変らずサイコー

      1418971225-328243_s.jpg

③ 水曜日 ヒデキとクラシックデイト
  取引先の方のご招待で、夕刻からの音楽会へ。

  やはり25度と温かい日。  いよいよ3日目(笑)
  座っても皺になりにくく、疲れない服にしました。
  (カシミアストール手持ちで、夜帰り道にちょっとだけ羽織る)
  
              100706_20151029143820b01.jpg

秋にぴったりのチェロとピアノの室内楽。

息の合った演奏が心地よく、椅子のクッションが良く、音響が良く、
(3日目の疲れもあり)、気持ちよくちょっと眠りました(笑)

・・・と、3日間の予定を無事クリア
お天気の関係もありましたが、新たなコーディネイトは考えず、
いろんな意味で、気力体力を温存して乗り切りました(笑)

だって、明日も大事なお出かけがあるんですもの
という訳で、今日はゆっくり休んで明日に備えました。
(今は、白髪染め中・笑)

たぶん(?)次回は、新しいコーディネイトをご披露できる予定ですので、
宜しかったら、またご覧くださいませ



お洒落 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/10/25

シャネルと3coinsとハーパースバザー

英語で言うところの"Bathroom"の壁に新しいコーナーをアレンジをしてみました

          102503.jpg

シャネルコスメティックで頂いた今年のノベルティ・・・

          102507.jpg

卓上カレンダーを百円の棚に設置しました。
それだけだと、寂しかったので・・・

          102508.jpg

300円ショップで額を買い、シャネルのお仕事風景の写真を
入れて飾りました。

写真は、雑誌の切抜きから↓

          102509.jpg

ハーパースバザーはほぼ毎月買っています。
切り抜き画像は、シャネルのアパルトマンの記事より・・・

     102510.jpg

カールラガーフェルドのフェンディのページは、

          102512.jpg

何故かマグリットを思いだし、パールさんにメールしました(笑)

          102511.jpg

引っ越したローマ新本社は、歴史遺産のイタリア文明館。
キリコの形而上絵画「不安を与えるミューズたち」
のアーチにインスパイアされた建築なのだそう。へー。

あ。キリコ・・・だから、パールさんを思い出したのかな?(笑)

それにしても、カールラガーフェルドってものすごいクリエイターだ!と、
その謎めいた真実を知るたびに驚かされます。

その他にも、ファッション、アート、インテリア・・・様々に
触発されること多し。の雑誌で、見応え、読み応えもいつも満載。

マグリットつながりで(笑)昨日の空↓

          102408.jpg

その、美しい夕刻の空の下、の私↓

             102407.jpg

300円ショップで、額を買って帰ろうとしたら、
」と目に留まり、被ってみて・・・いいじゃんこれ!と、買った

ベルベットのワイン色帽子を早速被って。
(300円には見えないよ・笑)

最近、毎日コーデ画像や作品画像を送ってくれる
イニョンちゃんに、お返事画像のつもりでさくっと撮った

300円帽子自慢画像でした(笑)

インテリア | Comments(0) | Trackback(0)
2015/10/23

秋の日に・・・

軽井沢から紅葉の秋の写真を

     満天星(どうだん)ツツジ、紫式部、紅葉. 彦根の香炉とロシアの手書きのお盆JPG

奈尾美さんが送ってくださいました!

満天星(ドウダンツツジ)と紫式部を彦根の香炉に、奈尾美さんらしくアレンジ。

ロシアの手書きのお盆との取り合わせも色鮮やかで、
日本とロシアの融合のようで・・・本当に眼が嬉しくなりました!

ドウダンツツジは植え込みや生垣でよく見かける白いすずらんのような
花をつける低木ですが、軽井沢ではもう葉が紅葉しているんですね。

小紫より一回り大きい紫式部の紫の実。 まだ実際に見たことが
ないので、ああ、この実を見に、軽井沢に飛んで行きたい!
と、思いました(笑)

でも、写真を見ただけで、軽井沢の新鮮な空気を胸一杯に吸い込んだような
気持ちになり、心がとっても豊かになりました。

     FullSizeRender_20151023094358a74.jpg

お庭の木漏れ日を受けて、アレンジも気持ち良さそうです。

こちらは、ロシアのゴールデンオータム↓

               Golden Autumn in Moscow in 2015 October

奈尾美さんから、後でこんなメールを頂きました。
(奈尾美さん、すみません!勝手に抜粋させていただきました↓)

ごらんのように、ロシアは黄金の秋と称する通り紅葉は黄色です。
ほんとうに金色の輝きの世界です。
日本は赤や黄色に常緑樹と見事ないろあいですね。
どれもうつくしいですが、
それにしてもモミジの葉の形の美しさには息を呑みますね。
モスクワやイギリス、イタリア、アメリカでは見たことがありません。
韓国にはありましたが。


私も、確か去年の11月、ハワイ旅行から帰国したときに、
日本の紅葉の美しさに、感動しなおした(笑)ことを思いだしました。

ますます、日本の秋を満喫したくなりました。

・・・と、言うことで早速!食欲の秋(笑)

          102301.jpg

ストーブの鍋でじっくりと火を通したポトフ風すね肉の煮込み。
いつものイタリアンにて。

昨日は、ヒデキ母上入院以来、ヒデキはなかなかお見舞いにいけなかったので、
会社を休んで二人でお見舞いへ。

苦手の病院のTPOもリベンジ!(笑)

最近ハマっている(?笑)GUの深緑色ハイネックハイゲージニットワンピースに、
YUKI IIJIMAのクラシックモダン二連ネックレスをポイントに

                 102211.jpg

いつもの型押し茶のハンドバッグに・・・
同じくGUのスエード調ベージュのコートを手持ちして。

このコート、ストレッチが効いていて、柔らかく、着心地がとても
いいのです!それに、軽い!手持ちしやすい。
(ただ、ハンガーに掛かって売られている時は、可愛そうなくらいよれて
いるので(笑)Xとされているけど軽くスチームをあてて皺を取り、
毛流れを整えてあげると、見違えます!この時期の羽織りとしてお薦めです)


                 102208.jpg

このパールつきベルトも↓GUなのですが(500円ぐらい!笑)

          102303.jpg

コートの上からこのベルトでさくっと留めてもOK。

靴は、ZARAのこちら↓の編み上げ靴で。

          102309.jpg

最近、靴の中にはこの↑土踏まず用のラクチンアーチ(ダイソー)というのを
必ず入れていますが、履き心地が格段と良くなり、足がつかれにくくなるのです。
(先日、ダイソーで買占めてしまいました・笑)

靴の話が出たのでついでに、スエード靴のお手入れにはこちら↓

          102307.jpg

左がウォーリーのスエードカラーフレッシュリキッド。
補色保革剤で、色あせした皮革の補色栄養防水用です。

右がタピールのインプレグニアルング。
ヌバックにも使える防水スプレーです。オレンジオイルの香りで
使いやすいです。

今年は、大好きな編み上げ靴が豊富だったので、足にあったものが
みつかるといいな。と思っていましたが、馴染みのZARAで見つかり
喜んでいるところです。 
きちんとお手入れして、また、ながーーく大切に履きたいです(笑)

と、少し話がそれましたが、

この日のお見舞いファッションは暑すぎず、寒すぎず
派手すぎず、地味すぎず・・・で失敗ではなかったような?と
思いますが、

これからも病院に行くので、苦手分野のTPOが鍛えられます!
請うご期待!(笑)


その他にも、ついでなので・・・

                 102015.jpg

またフランネルのチェック(今度はシャツ)を、お買い物用に。
夕方寒くなったら、ダウンベストやこのファーベストを羽織ります。

                 102020.jpg

シャツ、ベスト共にZARA。 今年のファーベストはこれです!
私は、どーしても(笑)ファーベストが好きみたいです。

なんとなく、最近カジュアルの傾向が変わってきている?ような
気もして、いろいろな格好を試してみていますが、

こんなボツになったコーディネイトも↓(笑)

                 102009.jpg

なんだか自分らしくないようで、顔と合ってないようでソワソワしたので
脱いで着替えました(笑)

と、そんな風に・・・
日々”秋の装い”で遊んでいます。相変らず(笑)


お洒落 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/10/18

ゴルティエ週間

久しぶりに曇り~雨の予報が出た一昨日の金曜日
「そうだ。 あれを着よう!」と・・・

初めて、ゴルティエのエナメルコートに袖を通してみました。

                 101633.jpg

レインブーツも履いたので、全身黒光り(笑)

中には、一緒に買ったやはりゴルティエのトリコロールメジャープリントの
ワンピースを着ました。

                 101607.jpg

長年憧れていたエナメルコートですが、

そして、パリの曇り空のような格好のエナメルコート日和に
ウキウキの初おろしでしたが・・・

とにかく、暑い!!!(笑)

全く通気性の無い素材で、全身を覆う格好になるので、
コートの中は、まるでサウナ状態(笑)

11月上旬の冷え込み。ということでしたので、外を歩く時は、全く寒くなくて
良かったのですが、

建物や室内、電車の中などでは、暑すぎて大汗をかいてしまい、
ほとんど脱いで手に持って歩いていました。

融通の利かない素材なので、手にも持ちにくいし(笑)
なので、もっと寒い、外歩きの多いどしゃ降りの日。など、着る機会が
限られそうだな?と、思いました。

何人かの方に、素敵なコートですね。と褒めていただけましたし、
私も、念願の「全身エナメル」を叶えられて満足感もありましたが、

他にも、体に沿わない、馴染まない。など・・・
一日着てみて、なかなか手ごわいコートだ。と解りました。

ベルトは、ウエストできゅっと結んでいましたが、これは案外
しっかりと結び目をキープしてくれて、ずるずるせずに良かったです。

でもいいの。

着る日は、気合がいるかもしれませんが(笑)
また、エナメル気分の日になったら、喜んで着ようと思っています。

汗をたくさん吸ったと思われる(笑)ワンピースは手洗いOKなので、
さっさと洗ってみましたが、皺にもならず乾きやすく、

こちらは、扱いやすく、着易く、パッと着て一枚で華やかな
トリコロールカラーなので、春先などにもいいな。と思いました。

首に巻いたボウは、取り外しができるので、ウエストに巻いて
少しブラウジングし、ベルト代わりにしてもOKです。

そして、次の日・・・

ヒデキ母上のお見舞いに、母と一緒に伺う。というTPO
でしたが、

昨日の今日で、着心地重視になっていたことと、
もう一枚買ったゴルティエも試してみたかったので、

                101729.jpg

病院だけど、黒を着てしまいました。

               101731.jpg

ああ、これは着心地も良く、ラインも綺麗。
特に気に入っているのは、ボートネック風の襟の感じです。

こちら、ワンピースのように見えますが、
実は、Vネックのロングカーディガンで、私は後ろ前にワンピースとして、
着ています。

最初から、後ろ前に着るとワンピースとして着られるように、
敢えてポケットが後ろについているデザインなのです。

そこも、面白い!と、気に入っている点です。

なので、後ろはこんな風に結構開いています。

                 101704_20151018111703467.jpg

これに、ダウンベストでカジュアルに、楽に。でいいや。
でも、真っ黒になっちゃうから、バッグを主役に。と・・・

                101725.jpg

(バッグは、K'oiで、ダウンベストはGUです。)

このような感じで出かけたのですが、

やはり、病院の中はダウンベストが暑くなり・・・
でも、背中がぱっくり開いているので、

病院では、この背中ぱっくりは不謹慎(?笑)なような
場違いのような気がして、

脱ぎたくても、脱げずに

あーーーTPO心配したぁ
ちょっと後悔していました(笑)

(ですが、帰りに母とデパート&お食事でしたので、
そのTPOは別に悪くなかったです・笑)

・・・と、3点も買ってしまったゴルティエお試し週間となりましたが、
総合評価(?)として、まあまあ。かな。というところです。

一番気に入っているのは、後ろ前ワンピースで、これからも
たくさん着そうな気がします。

ニットの素材感シルエット、そして、メジャー刺繍は光沢があり、
とても凝っていて、これが1万円台前半というのは、
非常にリーズナブルだと思いました。

トリコロールメジャーも、柄や色出しなどフランス的で、
アヴァンギャルドな刺激もあり、これも一万円台と、
(特にゴルティエには(すみません)私はなんの思い入れも
無いのですが、)ブランドのコラボレーションとしても、
そうでなかったとしても、良品だと思います。

エナメルコートは、「好き」が勝っている場合に、
気合で着る気のある人向き(笑)
でも、これもボタンにもブランド名がしっかり刻印されていたり、
これで1万円台後半なので、どれも高すぎることも、
安すぎることもなく、納得の価格だと感じました。

私は、3点買いましたが、そのうちデパートポイントが
2万点以上溜まっていたので、実際にお支払いした金額は、
3万円でした。3万円でこれだけ楽しめたら満足です(笑)


ゴルティエが活躍していたほぼ同時代、私は、ラクロワが好みでした。
ゴルティエも、ラクロワも、素晴らしい才能はあるはずなのに、
ブランドとして確固たる地位を確立&存続できなかったのは、
ビジネス面とか、いろいろ事情があるのだろうな?と思いますが、
とても残念な気がします。

・・・と、すみません、良くは知らないのに生意気なことを書きましたが、
今度は、ラクロワのコラボレーションをして欲しいです(笑)

お洒落 | Comments(7) | Trackback(0)
2015/10/15

デニムな気分

ここ最近の、典型的ご近所お買い物スタイル・・・

                 100402_20151015092821e3c.jpg

GUonGU(ペザントレースブラウスにデニムスカート)です。

お洒落で大切なのは、TPOと思っているけれど、
それよりも、もっと重要と思うのは、”気分”とか”気持ち”とか。

今、デニムを着たい気分です。
自分のお洒落歴の中で、空前のデニムブームが来ています(笑)

昨日は、デニムonデニムで・・・

                 101425.jpg

ヒデキ母上の膝手術立会いへ。

実は、一番悩む?(笑)のが、病院へ行く時の装い。
黒は、暗くなるからやめよう。かといって、あまり派手派手しすぎても、

または、お洒落しすぎても、場違いなような気がするし・・・
待つ時間も長ければ、着ていてリラックスできるような装いの方が
疲れないし。

と、いろいろ考えると、これが結構(私には)苦手なTPOなのです。

他にも、あれにしようか?これにしようか?と、迷ったのですが、
今回は”気分”を優先して、デニムを着てしまいました。

アクセサリーは、この秋、コレばっかり!(笑)YUKI IIJIMAの
シルバーに・・・

               101418.jpg

ちょっと色を入れたかったので、赤とフーシャがポイントになった
イギリス製ショルダーバッグや、

15年ぐらい前に愛用していたスペイン製のベルトを合わせました。

バーガンディのカーディガンを肩掛けして、

              101431.jpg

スカートの裾のボタンを2つ開けて、中のタイツの色が、座って
脚を組んだりしたときに、時々見えるように(笑)

リングはティファニー(風)でキラキラに

             101432.jpg

リングの枠を買って、そこにスワロフスキーのキラキラカボションを
貼り付けただけ、の簡単おもちゃ。

上の画像は、濃い目の色のデニムシャツ(ハニーズ)ですが、

洗い替えに、H&Mの薄めの色のデニムシャツも↓

                 101011.jpg

なぜ?デニム?かというと、


たぶん・・・



           G63A6568 copy copy copy


また、リンダさんのせいだと思います(笑)

カジュアルなデニムonデニムでも、彼女が装うとエレガントで、
ちょっとセクシーも感じられて、さらっと新鮮な風が吹き抜けているよう。

たぶん、美しいシルバーヘアや、サングラスとか、リップやリードの
が効いているのかな?

最小限の小物で、最大限の”らしさ”の演出。お洒落の年期を感じます。
(で、私もちょっとを入れてみました。という訳・笑)

確か・・・

                201310191624000_20131019164210878_20151015111852442.jpg

一昨年も、リンダさんに影響を受け、

                 201310180959000_20131019164214b3d_20151015111851633.jpg

人生で初めて!らしくない、チェックのネルシャツワンピースなどに
手をだしました。

ネルシャツのカジュアルをエレガントに、と自分なりに工夫をし、
去年も着ていました。

             s_101625_20151015111851185.jpg

今年は、このワンピースを手に取っても、何故かもうあまり
気分が乗りません(笑)また、着るかもしれませんが。

その代わり、今度は、これも今まであまり興味の無かったデニムです。

リンダさんのお陰で、未開の地に踏み込めたような(笑)
そんなワクワク感で、暫く飽きるまでデニムを着ようと思います。

自分に似合いそうとか、似合わなそうとか、
流行ってるとか、流行っていないとか、

あまり、そういうことは深く考えないで(笑)

「あ、これ着てみたいな。」
「こんな格好もしてみたいな。」

そう思ったら、やってみる。

似合わないかもしれないけど、”気分”にまかせて暫く着てみる。

ヘアスタイルを変えてみたり、小物を工夫してみたり・・・
そうすると、いつかなんとかく、似合う?かなという

ところまで着こなすことが出来るようになっているんじゃないか?
それがお洒落のエクササイズかな?と勝手に思っています。

今度は、どんな”気分”がやってくるのでしょう?ワクワク(笑)


お洒落 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/10/10

モノトーンに秋色セット

ドラマティックなモノトーン柄のセットアップでレッスンへ

               100706.jpg

モノトーンって不思議ですね。 ボーダーだとカジュアルに、
ゼブラ柄だと濃厚に、ドラマティックな幾何学模様だと、

クラシックでモダンなアールデコのムードが出るような気がします。
モノトーンって奥深い。

そんなモノトーンには、秋色セット↓で季節らしい装いを。

          100904.jpg

毎年秋になると活躍してくれる秋色セット
(カーディガンは手持ちで)

何年も前のZARAの深緑色のロングカーディガンと、
25年以上前から使っているクロコ型押し茶のバッグ。

こちらは、ルザックアダムのものですが、何年か前に金具が壊れて
メイカーに修理に出しました。

その時に伺ったのですが、「こんな良質なイタリア製の型押し革は
もう手に入らない。イタリアでもなかなか見つからない。
良くこんなに大切に長く使ってくれていた。感激だ。」というようなことを

社長さんが仰っていた。とお聞きし、それならば、これからも
尚更大切にしなければ。と思ったのでした。

持っているバッグの中でも、一番長寿のバッグですが、
そんなわけですので、まだまだ使いたいところですが、

今度は、中張りの布帛がだいぶ痛んできたので、
シーズンが終わったら、また修理に出そうかな?と思っているところです。

この秋色セットを持っただけで、ぐっと秋の雰囲気が出るので、
秋のお出かけには重宝しています。

ここに、””を少し足したかったので、アクセサリーは・・・

          100911.jpg

YUKI IIJIMAのこちらの赤のイヤリングとリングを選びました。

でも、成城の駅ビルのどこかの雑貨屋さんで、似合いそうなバングルを
見つけ、早速一緒に着けていました。

そして、それは・・・家に帰ってきてから、こんな風に↓リメイクされました。

          100910.jpg

丁度、片側に小さな穴があったので、そこをロンデルで飾り、
チェーンのタッセルを着けてみました。

うーーーん。 まだなんとなく飾り足りない(笑)と感じ、

            100915.jpg

タッセルトップと葉っぱ本体部分の葉脈に、ボールチェーンを
貼り付けて見ました。

リングと一緒に着けてみて・・・

           100912.jpg

もっと何かしたいような?でも、私にはこれで限界(笑)

YUKI先生の作品や、自分で持っているヴィンテージのアクセサリーを
いろいろ見て、頑張って、この程度ですが、

キットで作るのとはまた、違う、自分で考えた。という悦びもあり、
既に愛着が出ています(笑)

そして、この日は・・・ショートブーツにも、タッセルでした

           100721.jpg

ヘルニア以来はじめての!細ヒールですが、足にぴったり!
驚くほどクッションが良く履きやすく、ずっと捜し求めていた
運命の靴。といっても過言ではないくらいのありがたさです(笑)

しかも、バックシャンなタッセル
嬉しいです(笑)

冒頭のセットアップは、奈尾美さんにも良く似合っていると
褒めていただけまして、嬉しかったですが、

奇しくも、モノトーンで、モノトーンの展覧会に伺うことになり、
この日のお洒落も印象に残る一日となりました




お洒落 | Comments(2) | Trackback(0)
2015/10/08

『大諷の映画狂時代』

          100806.jpg

表紙は、『天井桟敷の人々』のギャロンス役のアルレッティ。

雪深い新潟時代に、たくさん観た古い古い映画の数々・・・
その中でも、印象深く心に残っている『天井桟敷の人々』。

ギャロンスという美しいフランス語の名前の響きと、アルレッティの息を呑む美しさ。
身に着けているジュエリーを凝視しながら(笑)の観劇の場面を思いだしましたが、

そのギャロンスという名前の謂れは、深紅色のことであり、
ズワーヴ兵(19世紀にアルジェリアを中心に編成されたフランス歩兵隊兵士)
のズボンの色として知られている。ということを、この本で、初めて知りました。

この本は、仏画、書、刻字などの創作活動をしていらっしゃる
和田大諷さんが、ブログに発表していらした絵を元に、
それぞれの映画にまつわるお話を載せ、一冊の本にされたものです。

実は、昨日、銀座の鳩居堂で開催中の、その本の原画展へ、
とある、理由もあり、伺ってきました。

大諷さんご本人もいらっしゃり、絵をみながらいろいろな話をしてくださり、
大変興味深くお聞きし、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

原画も素晴らしく、映画に対する、またその古い(主にフランス)映画に出ててくる
美しい女優たちにも、並々ならぬ想いとこだわりを持っていらっしゃることが、
一枚一枚の絵からも強く感じられました。

なぜ?その個展に伺うことになったか?というと、
その日、私はヴォーカルのレッスンで成城の徹先生のお宅に伺って
いたのですが、

奈尾美さんが・・・

「ちょっとね。昨日、すごい人に会ったのよ!なっかなか居ないわよ。
素晴らしい!」と、見せてくださったのが、この本だったのです。

なんでも、一昨日鳩居堂に行かれた折、この原画展を見つけて
行ってみたのだ、ということでした。

その時に、やはり大諷さんご本人とお話もされて、
作品に、またその創作活動の素晴らしさに感動され、私に、

帰りに時間があったら、ぜひ寄ってみて!と
お薦めしてくださったから。なのでした。

奈尾美さんのことをお話すると、「ああ。昨日のあの方!」と
すぐに解ってくださり、

そして、奈尾美さんと、大諷さんは、ロシアでとある共通の知人の方とも
通じていらっしゃることも発覚しました。
(大諷さんは、ロシアのエルミタージュ美術館でも個展を開催していらしたのでした)

その場にいらっしゃる方々も、なんとなく徹先生や奈尾美さんの
ファンの方々とも通じるなんとも言えない優しく穏やかで、気さくだけれど
品格ある佇まいと空気感があり、

ああ、どこかでこの人達が通じている。というのもさもありなん。と
思いました。

で、そんな温かい歓迎ムードの中で、最後には、みんなで記念撮影となり、
古くからのご友人で本に紹介文も書いていらっしゃる、
東大名誉教授の大場秀章さん(ものすごく優しい笑顔の方!)のとなりで
一緒に写真におさまる。ということに、いつの間にか、なってしまいました。
(ブログ用と仰っていましたので、あちら、のブログに出てしまうのかしら?笑)

原画展は、銀座鳩居堂の4階で、11日の日曜日まで開催しています。

ご興味ある方は、特に古い映画がお好きな方は、
ぜひ、お時間あれば、足を運ばれてみてくださいませ。

大諷さんご本人は、大変気さくで楽しい方ですが、
絵の緻密さ、思いいれは、並々ならぬものがあります。

鉛筆画ですので、たくさんの線があるように感じますが、
無駄な線はひとつもない。

無駄な線を省いて、一本一本の線を生かす。 
まつげの量とか、極端に少なく誇張して太く見えますが、あれで、いいのだ。
あれが、「絵」として、絶対的に美しい、と感じる量と太さなのだ。と感じられ、
とてもレベルの高い美意識の持ち主だと思いました。
そして、本物よりちょっと綺麗に描くのだとか(笑)
(もし、女性ならものすごくメイクがうまいだろうな。と思いました!笑)

と、同時に、HPを拝見してみると、映画へのこだわり、理解力の素晴らしさ、
時代背景も何もかもすべて網羅し、ボクシングや植物などにもお詳しく、
幅広い知識、その創作量に脱帽しました!

仏画もウェブで拝見しましたが、ああ。なるほど。・・・これだけの仏画を描かれるのだから、
あの、鉛筆画なのだ。と納得しました。

こちらは↓その仏画のお名刺と、『愛人ジュリエット』のポストカード

          100802.jpg

この「愛人ジュリエット」のお話もしてくださいました!(笑)
好きな映画のお話をされるときの、嬉々とした「眼の輝き」が印象的でした。

公式サイトはこちら→http://www.wadataifu.com/

以前の徹先生のように、凡夫の私に様々な刺激と教えをくださる
奈尾美さん

発声もそうですが、体と、脳と、感覚と・・・
様々に活性化されている。と感じる昨今です。

奈尾美さんからの発信を、すこしでも皆様に伝えていくのが、不肖私の
務めかと(笑)・・・ご紹介させて頂きました。

そして、ページを捲るたびにワクワクする、古い映画満載のこの本を
楽しみながら読みすすめ、家にあるコクトー映画のビデオなど、
もう一度改めて観かえし、

いつか、ご縁があれば・・・また大諷さんと、映画談義でもできれば?(笑)
などと、にっこりしながら思っているところです。



Book | Comments(0) | Trackback(0)
2015/10/05

秋のボーダーとエナメルのコート

秋晴れの週末、妹とまりちゃんと、まりちゃん志望校の文化祭へ

                 100303_201510050903555ab.jpg

久しぶりにボーダーを秋仕様で着てみました。

何故ボーダーを着たくなったかと言うと・・・

          100123_201510050903520e1.jpg

このピンバッジを↑ボーダーに合わせて着けてみたかったので。

思ったことをやって、満足顔↓(笑)

               100321.jpg

ボーダーって・・・私は主に春夏のもの。って考えてしまっていましたが、

秋色のタイツ(解り難いですが、ワイン色を穿いています)や
フエルト帽子など、秋色秋物小物と合わせれば、秋でも大丈夫なんだと、
発見になりました。

帽子を取って、これで↓足元を変えれば春仕様。

                 100308_201510050903545f3.jpg

ボトムスは、またいつものワイドパンツです。本当に万能選手!(笑)

ミニバッグは、妹の店で買ったピンクのコーチを初おろし。

ボーダーと秋色だけ、より、ビビッドなピンクをアクセントにして
文化祭らしいちょっとはしゃいだお祭り気分を勝手に盛り上げました

サングラスは、クロエの赤フレーム。と、これだけ色がごちゃごちゃしたので、
アクセサリーはピンバッジを主役に控えめにしました。

               100310_201510050903538d6.jpg

ボーダートップは、去年か一昨年のH&Mで、グリーンのニットは、
今年のユニクロ、コットンカシミアのセーターです。

このコットンカシミアも、肌触りが良くて形も良くて・・・
これからも使えそう!と、オフホワイトも買いました。

                 100304.jpg

汗ばむ程の陽気の中、ワープロ部の生徒に無料名刺を作ってもらったり、
お茶室で、お茶とお菓子を頂いたり、CMパロディフィルムを見て
大笑いしたり・・・

3人で文化祭を大いに楽しみました。
まりちゃんも、来年は高校生でこんな文化祭を主催する側の
生徒になるんだな、早いな~・・・と、思うと同時に、

自分の高校時代の文化祭のことを、胸がキュン。と
なるほど思い出してしまい(笑)

母校の文化祭に、同級生を誘って行ってみようか?と、
思ってしまいました。

ちなみに、妹は・・・

               100326.jpg

キャラメル色のYUKI IIJIMAで、父兄らしい落ち着きと華やかさで
この時期にぴったり!の装いでした

・・・と、その妹と一緒に行ったユニクロXルメールですが、
妹は、グレイッシュなモスグリーンのニット上下などが、
とても良く似合い購入したのですが、

私は、なんだかどれも似合わず撃沈。
(ユニクロXイネスも全然似合わないので、ちょっと解っていたけど・笑)


でも、その代わり?といっちゃなんですが(笑)

こちら↓が、ハマリました

          100325.jpg

今、CMで流れているJ.P.ゴルチェと西武そごうとイトーヨーカドーの
コラボレーションです。

これも、思ったとおりやっぱりでした(でも、今度は似合う方・笑)
でも、お陰で長年念じていたエナメルアウターを今年はようやく着られます

その上、プリントジャージードレスや、カーディガンなのに、
後ろ前に着るとニットのミニドレスになる!技ニットなど・・・

着るもの着るもの似合ってしまって(←本当にしょっててすみません

選びきれず、3点もお買い上げしてしまいました

久しぶりに、K'oi以外で、しかもデパートで、
こんなに欲しいものがあり困りました(笑)

エナメル(調)トレンチは、特に撥水素材ではなくラミネート加工の為
3年ほどしか耐久性がないようですが、

私は、雨の日用の”レインコート”として、3年間(できれば5年くらい・笑)
楽しみたいと思っています。

(パリの曇り空なら大丈夫かもしれないけど、晴れてる日に日本で着たらやっぱりちょっと
浮いてしまいそうだから。 雨だったら、レインコート代わりだったらいいかな?と)


他にも、気になるものばかりで、でも、後はセールになり、残っていたら。
に、しようと思います。

とは、いうものの・・・日本でエナメルのコート着る勇気ある人は、
あんまりいないんじゃないか?

売れるかな? いや、ゴルチェの名前で意外に売れるのかも
しれない。

だけど、これを機会に日本女性もエナメルのコートを着て、
派手にはじけて欲しいなーーーなどと(笑)思っている秋です。

流れているCMを観ながら、ヒデキに
「私あれ買ったんだ~!」と言ったら、

「いいんじゃないの?」と言っていました

ヒデキがいいっていうんだから(笑)
思っている程、どおってこと無いんじゃないか?と思い始めました。

皆さん、一緒にエナメルコートを着ようじゃありませんか!

日本人の着物を着こなす、あの気概があれば、
エナメルのコートなど、どうということはありません。

と思ってしまうのは、私だけでしょうか?(笑)

暫くは秋晴れが続き、これから、おしゃれもたくさん楽しめそうですね

ぜひ、ルメールでもゴルチェでもきっとどちらか?(笑)
お似合いになるものが見つかるのでは無いか?と思いますので、

ご試着だけでも試してみる。というのも新しい発見などもあり、
楽しいのではないか?と思います。

秋晴れに誘われて、お出かけに、ショッピングに・・・
秋のお洒落を大いに楽しみましょう


お洒落 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/10/02

ワイドパンツで復活コーディネイト

GUのワイドクロップトパンツのブラックが活躍中です

                 100102.jpg

ワイドパンツを合わせることで↑のトップスも、5年ぶりの復活を果たしました。

5年前は、中途半端な丈のトップスに、レースのミニスカートを合わせて、
こんな風に着ていました↓

               moblog_87730c09_201510020744036c2.jpg


                     moblog_aebe1792_20151002074403dd3.jpg

今の私には、可愛すぎる(笑)コーディネイトで、他に合わせる
ボトムスも思い浮かばず、自然と袖を通すこともなくなってしまっていた
トップスなのですが、

最近は、トップもボトムもロングロングの傾向だし、
ハイウエストの位置をリボンで結ぶので、バランスも取りやすいかも?と、

思いつき、試してみたら・・・

今の私でも、抵抗無く(笑)落ち着いて着ることができました

                 100101.jpg

帽子はやめて、アクセサリーも、YUKI~のクラシックタイプを
ジャラリとつけていましたが、それもやめて・・・

替わりに、同じくYUKI IIJIMAのこちらのセットから↓

               201110271107000_201510020744053ea.jpg

イヤリングだけをチョイスして、きらりと明るい透明感を

ちょっと眠そうな顔ですが

             100117.jpg

これだけで、少し顔周りが明るくなります。
胸元は、レースを活かして何もなし。

バッグのゴールドチェーンも効いているし、ネックレスを着けると
たちまちうるさくなってしまい、今の私には、このくらいで十分かな?
と、感じました。

これで、ヘアエステと節子さんの展覧会へ。

こちらの5年ぶりに復活したソニアリキエル風のトップスは
住商オットーのものですが、実は・・・

ナネット・レポーのなんちゃってなのです。

本物のナネットは、ち~ちこ♪さんがお召しです

           s_20131114172259cb7_20151002074402e64.jpg

本物は、シルクで丈も長め、ボタンやレースなど凝っていてさすがです。

私は、ちーちゃん似合うな~とご試着からご購入時に立ち会っていまして、
その後、住商オットーで、そっくり!を見つけ、無謀にも真似しました!(笑)
(ちーちゃん。・・・という訳で、この間は5年ぶりに復活していたの)

それから・・・

こちらも、20年ぐらいまえの赤X黒トップス

                  092706.jpg

30代の頃は、デニムやスリムブラックパンツを合わせていました。

いろいろな体型の事情で(笑)それらが難しくなり、
ベロアパンツと合わせすっかりお家着へと格落ちしていましたが、

ワイドパンツと合わせることで、気になる腰周りやヒップなどを
上手くカバーでき、パンツのボリュームとメリハリをつけることによって
スタイルアップに?
(これを着ていたら、パールさんに「あれ?痩せた?」とリップサービスを受けました・笑)

アクセサリーとバッグはこちら↓

          100201.jpg

今年買ったフリンジバッグと(今年はフリンジ大豊作で嬉しい!けど、
私の好みは、70年代ではなく20年代風のフリンジなのです)

ハートのイヤリングは、何時買ったか?何処で買ったか?も忘れてしまった
くらい大昔のエナメル&ラインストーンのハートのイヤリングで。


そして、お買い物にもほぼ毎日のように

                 092922.jpg

アクセサリーは、もちろん新作のYUKI IIJIMA

          092307.jpg

ワイドでも、クロップト丈なので足裁きも良く、
お出かけにも、カジュアルにも万能で使えるパンツは・・・

ああ、店頭で最後の一本残っていたブラックも買っておいて良かった
思っているとことです。
(このタイプはもう店頭にでていないので、たぶん完売だと思います。)

というより、ワイドパンツもう一本欲しいくらいなので、
どこかでまた捜そう!と思っています。

今日は、妹とユニクロXルメールに行きます(笑)
(ニット上下に期待!もちろん、ワイドパンツも試着してみよう!)

お洒落 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/10/01

ド・ローラ・節子の暮らし展

現在、松屋銀座で開催中の『ド・ローラ・節子の暮らし展』

          100127.jpg

とっても素敵でした

本だけで拝見していた、節子さんのあの世界感の実物を
間近に観ることができて、感激でした!!!

着物のコーディネイト、絵画、手芸作品、テーブルコーディネイト、
ヴィデオ・・・

生活を、身の回りのすべてを、慈しみ、愛し、
丁寧に生きていらっしゃる節子さん。

ひとつ、ひとつ、大切な思いで拝見していると、
そんな節子さんからのメッセージと、ぬくもりが伝わってくるようでした。

特に、最後の最後に・・・
バルテュスからの節子さんへの愛溢れるお手紙、

それにお返事するような形で、丁寧に手書きされた、節子さんの思い。
おふたりのお手紙を拝見して、

胸がいっぱいになり、涙がこぼれそうになりました。

バルテュスが節子さんに言い続けた言葉
「コンティニュエ」(つづけなさい)・・・

私も、大事に胸に刻み、活きていこう。と思いました。

それにしても、会期があまりにも短すぎます
9月の25日から始まっていますが、10月5日、次の月曜日には
終わってしまいます。

ご興味ある方は、すでにチェック済みとは思いますが、
まだでしたら、どうぞお急ぎくださいませ。

私は平日の夕方に伺いましたが、空いていてとてもゆっくり鑑賞できました。

会場をでたら、ものすごくお腹が空いていて(笑)
ものすごく、銀座アスターの海鮮焼きそばが食べたくなり

          100124.jpg

黒酢とからしをたっぷりかけて、一人ディナーしました。
美味しかった!

8階のイベント会場までエスカレーターを上がっていたら、
?と眼に留まったのが↓

          100123.jpg

アリス アンド オリビアのチャリティピンバッジ
併設の貯金箱に300円をちゃりん。として、お土産に頂いてきました



Art | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |