2015/03/30

りかちゃんと一緒に♪

春休みが始まったばかりのある日
今日はりかちゃんと、おねと二人だけのお出かけ

            032728.jpg

まず、最初に向かったのは・・・

          032729.jpg

さあ、どこでしょう? まわりは重要文化財のレンガです。

          032730.jpg

すごいね、素敵だね。 
上を見上げるりかちゃんが、「絵」になってるな~とパチリ。

で、本物の「絵」を観にいきました。 こちら↓

          032731.jpg

りかちゃんが、ピカソが観たいというので(笑)

上の写真は、三階の展示室から、2階に降りてくる外階段で
撮ったものですが、

展示室の中も、赤レンガがむき出しの壁にそのまま飾ってある絵もあり、
それがまた、とても素敵でした。

作品も、粒ぞろい!どれも素晴らしい絵ばかりでした。
(久しぶりに骨のあるピカソに出会えて大満足!)

りかちゃんは、「東京駅って素敵だね」と言っていました(笑)

          032732.jpg

このドームの真下にある東京ステーションギャラリーです。
小学生は無料。 春休みに・・・乗り換えついでに如何でしょう。

そして、中央線に乗り換え新宿まで、そこから小田急線に乗って
成城学園前まで。

お昼は、おそば。 

              032734.jpg

りかちゃんのおそばのすすりっぷりが良かった!(笑)

そして、そこからまたバスに乗り、到着したのは・・・

じゃじゃん

             032738.jpg

懐かしい徹先生のお宅でした。
そうです!今日がヴォーカルレッスン再開の日

後ろの桜の絵は、もちろん徹先生の作品です。

           032739.jpg

りかちゃんは、「素敵な絵!ピカソより素敵!」と
真っ先に見つけて感激していました(笑)

そんな徹先生と、りかちゃんは何故か仲良しこよし?(笑)

          032742.jpg

すっかりリラックスしてDSを始めるりかちゃんの手元を
ずっと覗き込んでいるかわいい徹先生でした。

このプティなお花たちも生け方がお洒落で、とっても素敵じゃないですか?

     032746.jpg

あまりセンスがいいとは言えない(笑)よくあるブーケに入っているような
いつもの、あの花たちを、蘇らせるように”生かして”生けてあります。

ピンクの方は、まるでダンスをしているように、
生き生きと嬉しそうに見えますし、

オレンジとイエローの方は、とコースターの色合いと相まって、
小さいけれど、素敵な空間を演出していました。

さすが!!!奈尾美さんです。
これだけで、私はかなり感動してしまいました。

こぶりのピューターの杯とも相性ぴったり。

桜の絵、徹先生とりかちゃん、そして奈尾美さんのお花。と・・・
この「絵」が素敵で、何枚も写真を撮ってしまいました。

          032747.jpg

久しぶりのレッスンも、感激と感動、そして目から鱗!の連続でした。

ピアノに座った徹先生の横に立ち、最初の発声練習。
ポロロン~と、ピアノがなった瞬間に、

過ぎ去りしあの日、に戻ったような気がして、
懐かしすぎて涙が出そうになりました(笑)

歌っていなかった割には、良く声が出ていると、
いつものように(笑)たくさん褒めていただき
(そうだった。徹先生はいつも良いところを褒めてくださっていた。
決してマイナスなことは言わない人だった・・・)


発声練習が終わると、今度は奈尾美さんが伴奏で
曲の練習です。 今回は以前練習したカンツォーネから
2曲を選んでくださいました。

となりで、徹先生も一緒に歌ってくださいます。

このレッスン、凄いです。凄すぎです
奈尾美さんの熱いエネルギー、そして徹先生の響き渡る声、
それらが、部屋中に充満してものすごい空間になっていました(笑)

奈尾美さんからは、母音を大切にする声の出し方など、
今まであまり気づくことの出来なかった目から鱗!の

指導を頂き・・・歌っているうちに、

ずっと遠ざかっていたけれど、やっぱり私、歌が好きかも?と
思ってしまいました(笑)

また、この素敵な、素晴らしいお二人から
(奈尾美さんは、英でナイジェル・ロジャーズに師事、
徹先生は、伊でアリゴ・ポーラ(パパロッティの師)に師事)


一緒にレッスンを受けられるなんて、贅沢すぎて
まるで夢のようにさえ感じました。

・・・と、そんなレッスンを終えて、またこの二人(笑)

     032748.jpg

この日、りかちゃんは徹先生や奈尾美さん達の前で、
画家になりたい。と公言していて、おねも初耳でびっくり!

だったのですが・・・

実は、りかちゃんの絵はちょっと凄いです。

作品1. ひまわり

          032306.jpg

私は、一瞬観るなり、ぎょぎょぎょっ!と電流が走りました
このひまわりの種の色合い、執念深いほどの多色使い(笑)

でも、変じゃない、バランス取れてるし、色の組み合わせも
恐ろしくなるほどいいじゃないか・・・

虫たちの表情もそれぞれ違うんだよ。
はっぱかじってる天道虫とか、想像力があって楽しい。

りかちゃんって、もしかして、絵の才能があるのじゃ?と
思った瞬間に、次の絵が

作品 2. 「もちもちの木」物語から想像して描いた絵

          032309.jpg

ガビーーーン!ショック!真ん中にドドーンと黒々とした
大木が! 大胆すぎるがなんだかこれもバランスがいい。

この右端の枝?とにかく線の描き方にも、おねは痺れた~(笑)

りかちゃんが、お話に感動した部分が伝わってきて、
臨場感溢れるドキドキするような絵でした。

でも、この絵はまだ途中なのだそう。 もっと光の部分を輝くように
もう少し色んな色をタンポでトントンとしたかったそう(笑)

で、次がこれ。

作品 3. 絵手紙風?(笑)

       032312.jpg

明るくやさしい家族っていうのにも、ぷっと笑ったけれど、
薔薇の絵も上手。線が生きてる。

りかちゃん、画家になりたいって・・・
うん。なれるかも?と、おもったおばばかのおねでした(笑)

そして、また言う事がいいのです。

帰りのバスのなかで、図録を広げ「どの絵が一番良かった?」と
聞いたところ・・・

「一番とか決めないほうがいいと思うよ。」
「いいのが来てるんだから、全部いいに決まってるじゃん。」
「これは、これで、いいのだ。 あれは、あれで、いいのだ。」と、

私の目をまっすぐに見つめ、純真な瞳で、そう言ったのです。

おね、また雷に打たれたようにガビーーーーン(笑)

そうだよね。ほんとうにそう。りかちゃんの言うとおりだよね~
「子供は大人の父なり。」というワーズワースの詩、
虹の一文が頭をよぎり・・・

りかちゃんは、この時から私の「師匠」となりました。
(その他にも、舌を柔らかくする為の巻き舌も教えて貰っている)

と言った直後に、
「でも、その中でも特にりかが気に入ったのはぁ~」と、
言っていて、がくっ。ときましたけどね(笑)

ちなみに、おねとりかちゃんのお気に入りはマン・レイの桃でした。

そんな師匠、サンリオで買いたいものがたくさんありすぎて
選べずに、泣き・・・

でも、頑張っていくつかに絞り無事に買い物を済ませた後は、

               032750.jpg

しっかりと笑わせてくれました。

りかちゃんて、面白い。
いろんな面を持っていて、見ていて、一緒にいて全く飽きません。

次回は、きょうとはまた全く違うりかちゃんをお送りしようと
思います。 どうぞお楽しみに~

春休みに突入している為、姪達の日記が多くなりますが
どうぞご勘弁願います(笑)

それから、お知らせです

奈尾美さんの軽井沢コンサートの件ですが、
ロシアより素晴らしいアーティストを迎え、コラボレーションの
イヴェントなる為、

5月の予定が、4月25日(土)&26日(日)になりました。

まだ詳しい時間など決まっていませんが(たぶん午後お昼頃からの予定)
ご興味ある方は、ぜひご予定を空けておいてくださいませ!

私も、おそらくみなえちゃんも参ります予定です。

YUKI先生!ぜひぜひ一緒に行きましょう!
予定を空けておいてください。(公開LINEです!笑)

YUKI先生主催、懐かしい奈尾美さんのディナーショーに
参加してくださった皆様も、またぜひ宜しければ軽井沢まで
足をお運びいただけましたら嬉しいです!

それから、友人知人の皆様、こんな機会はなかなか
ありませんので、

ぜひ行きたい!と思われた方は、私の方にでもご連絡ください。
詳細が決まり次第、またお知らせいたします。

連休前の休日を軽井沢で音楽とアートと共に・・・如何でしょう?

スポンサーサイト
Art | Comments(0) | Trackback(0)
2015/03/24

三寒四温の三月

まるで春本番のような暖かさと思ったら、
真冬に逆戻り

寒暖さの激しい三寒四温な三月。

そんな三月のミサコお洒落画像が少し溜まりましたので、
UPしてみます。 
宜しければどうぞお付き合いくださいませ。

① 三月初旬らしい少し肌寒さのある晴れの日
             (父のホーム、その後実家&歯医者)

               031103.jpg

この時期、良く着ているブルーのシャカシャカアウターを
選びました。

ブルーとイエローの配色にしたかったので
アクセサリーとバッグをイエローに。
(足元は履いていませんがバイカーブーツです)

バッグは、去年の夏に買ったものですが、
その後、籠バッグへと移行してしまい、その年は結局使わずじまい。

けれど春になって、洋服が冬色でもバッグだけでもイエローを
入れると、一気にパッと春らしくなるのでとても活躍しています。

シャカシャカ~だけでは、少し寒そうだったので、
インには、ZARAの少し厚めの生地のワンピースを選び、
シャカシャカアウターとの間にブラックパーカーも着ました。

イン用ブラックワンピースは、様々な気候、
いろんなアウターに対応できるよう、
生地やデザインなどバリエーション豊かに揃えています(笑)

・・・と、その同じワンピースで、
② 肌寒い曇り空の日(予報では雨も)

               031512.jpg

みなえちゃん、りかちゃんと横浜の県民ホールへ。

前衛的(おそらく)アート展に行くのだからいいじゃないか?と、
派手な春ファーを選びました。

りかちゃんも、きっと同じ色のモコモコアウターに違いないと
思ったこともあります(笑)

アクセサリーは、三月なのでYUKI IIJIMAのお気に入り桃で

          031518.jpg

瑛子ちゃんがアクセサリーを褒めてくれました
まりちゃんは、"I like it!"とファーを褒めてくれました

「まりちゃんも、きっと好きだろうと思って着てきたのよ。」と
お返事しました(笑)

③曇り空から時々覗く晴天、気温は17度で丁度いい。

             032104.jpg

瑛子ちゃん、瑛子ちゃんのパパさんと整体へ。
(通訳で奈尾美さんも同行となり、ぞろぞろと押しかけました・笑)

久しぶりに、このピンクのコートを着ました!
15年ぐらい前に高崎の古着屋(Jack Pot)で買ったCOCUEの
マオカラーのコートです。

            moblog_42fbfffa_20150324140635827.jpg

さらっと羽織る着方から、襟を中に折込みブラックの太めベルトで
締める着方になってから・・・何故か機会が無く着ていませんでした。

調べてみたら、前回来たのは5年前で、ち~ちこ♪さんと
銀座デイトの時以来でした。 その時の画像がこちら↓

            moblog_c77655f5_2015032414063426f.jpg

5年前の私。 ということは、46歳か・・・若くてちょっとかわいい?(笑)

その時と同じように、
アクセサリーもYUKI IIJIMAの造形的リボンモチーフのブラックセットにして、

シマムラとか、500円とかで買ったブラックをじゃらじゃらと
これでもかというくらい重ね付け(笑)

          032109.jpg

このピンクは、やっぱり大好きなので
着なかった分今年は、もう一度ぐらい着たいなぁ。と思いました。
(上の写真と比べると、5年の月日が流れたなぁと感じます・笑)

インのワンピースは、H&MのVネック薄手。
その上に、ピンクカシミアのカーディガンを着ていました。

④桜の開花宣言が出されましたが冬に逆戻りの寒い日。
                    (父のホーム&眼科へ)

暖かいワンピースを着よう!と、まずワンピースから選び・・・

               032302.jpg

その上に、ブルーのカシミアカーディガン、にシャカシャカ~を
羽織ったのですが、まだ寒い。

ので、とうとう・・・

               032305.jpg

ダウン再登場。 さらに、ワンピースとの間にまたパーカーを着ました。
昼間はこれでOKでしたが、夕方から雨も降り出し、
これでも寒いくらいでした。

今日も、晴れてはいますが少し風が冷たく冷えています。

毎年、この三寒四温の時期を「暖かい!もう春だ!」「キャー!寒いー!」と
大騒ぎしながら過ごしているわけですが(笑)

短い期間ではあるけれど、そんな三寒四温な三月は、
その日の気温、気持ち、TPOに合ったアウターがたくさんあると、

おしゃれも幅広く楽しめるような気がします。

私も、「この難しい時期のアウターを充実させたい!」と感じ始めて
少しずつお気に入りを集めてきたように思いますが、

そろそろ・・・どんな気温でも、どんなTPOでも、そして気分に合った
アウターがクローゼットに揃ってきたな。と

思えるようになりました

流行も、モードも大好きだけれど(笑)

好きで長年着ている物は、流行とか関係ないようなオーソドックスな
ものが多いかもしれませんね。

でも、綺麗な色や、変わった素材感、など特徴のあるアウターが
楽しくて好きかも?(笑)
そして、それに合わせてぴったりのアクセサリーを着ける

なので、その分インはシンプルにブラックワンピースなのかな?
・・・と、自己分析(笑)

それから、これは人によるかもしれませんが、
アウターの間にパーカーを挟む。

これは、重ね着として防寒目的も、そしてカジュアルダウンの
目的もあり、とても使える!と、この時期特に多用しています。

妹は、意外にやっていなかったらしく、
昨日アイボリーとオレンジのパーカーをユニクロで買って(メンズのS)
早速着ていました(笑)

「おねえちゃん、パーカーっていいね!」ですって。
しらなかったんだ、エミ

・・・ということで、エミのようにまだお試しでない方の為に
パーカーを挟む技(?笑)をお薦めして、

締めくくりとさせて頂きます。

今週は、少し肌寒い日が続くようですが、桜も咲きましたし
いよいよ春ですもの・・・どこか春らしさを添えたお洒落を。

楽しんでいきましょう~


お洒落 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/03/22

IBDP Visual Arts Exhibition ③

展示作品を熱心に見つめる瑛子ちゃんとりかちゃん

     031561.jpg

この時は、りかちゃん観てわかるかな?大丈夫かな?
楽しめてるのかな?と思っていたけれど・・・

     031562.jpg

帰ってきてから何度も何度も、
「りか、すごく楽しかった!すごくすごーーーーく楽しかった!
色んな作品を観たのが本当に良かった、参考になった!」と、

言っていたそうです。 案ずるより・・・ですね(笑)
楽しめていたのなら良かったです。

作品はみなそれぞれに・・・個性溢れる世界感

          031564.jpg

何かを訴えたい、表現したい!という気持ちがダイレクトに伝わってくるような

          031565.jpg

素直で情熱的な感性を感じました。

子供の頃と今の自分が半分半分になっている作品↓

          031566.jpg

脳みその中のコラージュと吹き出しが面白い。

          031567.jpg

”The future is built by youth.” 本当にそう!

          031568.jpg

ああ、なんか自由でいいな~(笑)と思った作品↓

          031570.jpg

この子の、この時の開放感や自由な気持ちが伝わってきます。

意外に多かったのが、明らかに私たちの子供の頃に流行ったような
漫画や風俗をモチーフにした作品。

          031572.jpg

もしかして、両親世代からの影響から?
それとも、今の子達もこの時代に何らかの興味があるのかしら?
題がいいね。

          031573.jpg

"All is fine" 全部大丈夫。 

作品の中にはいって楽しそう~なみなえちゃん

          031574.jpg

中の様子をスマホを翳して撮ってみました。わあ、きれい

          031577.jpg

なるほど。こうなるのね。かわいい。

          031578.jpg

一瞬、え?りかちゃん?と思った子(笑)

          031581.jpg

こうやって作品を描いていたのね。

そんな製作風景の写真も、みんな楽しそうです。

          031590.jpg

まだまだ、たくさんの作品がありましたが、ご紹介しきれず・・・
すみません、思わず写真を撮った作品だけとなってしまいました。

大変なこともたくさんあったでしょうけれど、
この製作で、生徒のみなさんも、きっと大きな何かを得ることが
できたのではないかと、思いました。

彼らの溢れるパワーとたくさんの刺激を頂いて、私たちも
大いに奮起(?笑)することができました!

展覧会の後は・・・

山下公園前のジョナサン(ファミレス)へ。
チョコレートフォンデュを前に、「熱い?」とちょっとたじろぐりかちゃん(笑)

          0315106.jpg

みんなにつつかれながらも(笑)完食。

          0315112.jpg

そこへ、奈尾美さんが風のように現われ・・・
(奈尾美さんが現われると、本当に風のようなものがさ~っと吹いて
その場の空気感が変わる。ちょっと違う次元にワープしたように感じます。いつも)


私のブログを観て、そんな奈尾美さんの只者ではないオーラを
感じ、真っ先に連絡をくれたみなえちゃん。
(きっと彼女はそうだと、わかっていたけれど・笑)

彼女と共に、その後奈尾美さんの作品や、作品に対する熱い思い、
などをたっぷりと拝聴しました。

まずは、目の前に差し出されたずば抜けてセンスの良い雑誌に↓
二人して「素敵~!」とハーモニー(笑)

            0315113.jpg

これは、ロシアとイタリアで発行されているアート雑誌なのですが、

そこの最初のページの見開きから、まず!奈尾美さんの作品

          0315114.jpg

他にも何点も紹介されていて、ページをめくるたびに興奮。
そして、「おお!」「うわっ!」などとお互い声を上げたのが・・・

          0315117.jpg

こちらの作品。 これは、ICON(宗教画)画家アンドレイ・ルブリョフの絵から
着想を得た、というより、その絵と奈尾美さんとの魂のやり取りのようなもの?を
表現したらしいのですが、

僭越ですが・・・「ああ、この感じ、解る。」とぞくぞくしてしまいました。
おそらく、みなえちゃんも同じ感覚だったのではないでしょうか?

素晴らしい作品を目の前にすると、感じるあの「感じ。」

その「感じ」を、作品にしたのですから「感じ」がさらに「感じ」られて(笑)
すごいことになってます。

印刷物の段階でこれですから、実物はどれほどでしょう?と
思ったら、ぜひ実際に目の前にしたい!と思いました。

奈尾美さんは、韓国で素晴らしい布と出会い・・・
それは、金糸や麻、絹など様々に織り込んだ美しい布で、

それに、何か抽象画を描いて作品にできないか?と
思い立ったことが始まりだそうです。

この布も、実際に観ると金糸が織り込んでありとても美しいそうです。

そして・・・

「無になること。」これが難しいそうですが、

全くの無になり、何がでてくるのかな?と暫く布を観て眺めている
そうです。

そうすると、ある時ふわっと何かが降りてきて
ささーーーっと、描けるのだそうです。そして、これで止め。というのがあり、

そうやって作品ができあがるのだそう。

そして、果たしてこれは何を描いたのだろうか?と
その時は自分でも解らない。

暫く立って、「あ、そういうことだったのか。」と解るのだそう。
なので、題名はすべて後からつけられたものだそうです。

しかし、それが意外な一致や、不思議な偶然があり
作品が真実のものとして、説得力を持つようになるのだとか。

というようなことを、私の目の前でカレーうどんをすすりながら
奈尾美さんは熱く語ってくださり、 (↑奈尾美さんらしい・笑)

この浅葱色のような美しいブルーの布も・・・

          0315120.jpg

何が出てくるだろうと思っていたら、このような白い抽象画となり
こちらは、ラフマニノフへのオマージュから、
アヴェマリアという題がつけられたのですが、

なんと、後からこの色はマリア様の色だと教えられたのだとか。

その他にも、バービーリエットのお話、ロシアの美しい鐘の音の話・・・
それらが、全部作品へと奈尾美さんの手によって表現されており、

作品と、奈尾美さんのお話と・・・
みなえちゃんと私は、ずっと興奮の坩堝の中におり(笑)
幸せでした。

奈尾美さんの横顔。

          0315122.jpg

アーティストの顔です。

どの作品も、その美しい布に、降りてきた瞬間を捉えているのだけれど、
瞬間という次元ではない、瞬間、瞬間は、永遠に帰属している。

作品は留まっているけれど、本当は永遠の時間と空間へと
繋がっているのだと、

熱く語っていた奈尾美さんが、強く心に残りました。

5月には、軽井沢でそれらの作品とコンサートの催しの予定があると
いうことですので、「絶対に行こう!」と決めています。

忙しい中、まりちゃんも駆けつけてくれ少しお話もできました。
まりちゃんは基本英語なのですが、

みなえちゃんの英語が、噂どおりの流暢さでびっくりしました!

本当に、まるで・・・

一か月分ぐらい濃縮した充実の一日を過ごしました。

りかちゃんも、奈尾美さんと大人二人が夢中で話し込んでいる間、
漢字の書き取りをしたり、DSをやったり(笑)と
(かばんの中が膨らんでいたのは、そういうものがたくさん入っていたから・笑)

文句をいう訳でもなく、おとなしくおりこうさんにしてくれていて、
とても偉かったです。時々話を聞いていたのかもしれませんね(笑)

帰りの電車の中で、早速今日の日記を書いていました。
みなえちゃんも、ずっと上気した幸せな顔で(笑)

何度も何度も・・・私に
「ミサコさんありがとう。」と言ってくれました、いえ、どういたしまして(笑)

私も、通じる友と、りかちゃんと一緒に
たくさんのアートの刺激を受けられて幸せでした。

「みなえちゃん、今日いろいろありすぎてブログ書けない」と
訴えていた私ですが、

家に帰って写真を整理し、観ているうちに・・・
むくむくとすぐに書きたい気持ちが高まってきて

3部作になってしまいましたが、
なんとか書き終えました。 頑張った自分!(笑)

本当に、ただただ、自分が書き留めたくて書いたものですが、
少しでも、楽しんでいただけましたら、本当に嬉しいです。

次回は、そろそろミサコお洒落ブログ再開します。
宜しかったら、また覗きにきてくださーい

 
Art | Comments(0) | Trackback(0)
2015/03/18

IBDP Visual Arts Exhibition ②

11人の生徒達の眼・・・

          031584.jpg

みな、「何かを持っている。」ような力強い眼差しです
もう、これを観ただけでも、行かなければ!と、興奮してしまいました。

プレスクールのこども達の作品展示から、階段を下に降りて行くと

          031596.jpg

おお!いきなり骨のある作品に圧倒されました。

丁度階段の真下に、まりちゃんの作品が

          031597.jpg

目の端に映っただけで、エネルギッシュなパワーを発しているのが
感じられ、早く観たい!とワクワクしました。

柱のまん前、赤い肉?のような写真の作品はなんなの?
おお!!!

          031546.jpg

すごいことです!スーパーに並んだ豚こま切れのパックが
見事にアートになっています

これは、ただ普通の人が何も感じることなく普通に撮っただけでは、
決してアートにはなり得ませんね。 きっと持ちません。
(ただの広告みたいになっちゃう・笑)

まりちゃんが、肉のパックをアートと感じ、その魂を持って
写真を撮り、作品にしたからこそ、アートとしての見過ごせないほどの
オーラーを発しているのですね

それが、できる人って本当にすごい!と思います。
もう、これだけで素晴らしい才能を感じました。

          031545.jpg

いいな~。 Freshじゃなくて、Phreshなんだ。

おお!これが、瑛子ちゃんが自撮り画像を送ってくれた
端にちょこっと映っていて、ものすごい存在感だった作品。

          031544.jpg

やっぱり、すごいね。 ”イクラ”から着想を得た作品だそう。

          031543.jpg


葉っぱ(折鶴ランかな?)を写真に撮ってネガから処理して、
製作された作品。

葉っぱだけれど、色はネオンカラーのように人工的で、
見ると、幾何学模様のようで、でも、カマキリのようにも見え・・・

まりちゃんの中の一つのテーマって、
自然のものと、そうでないもの。の対比?融合?のような
ものかしら?なんて、勝手に思ったりして。

          031542.jpg

でも、作品がそれぞれまったく違う手法で表現されているのにも
驚きます。


     031553.jpg

ここも、コンクリートと葉っぱ。( 無機質なものと自然なもの。)
そこにビーズで刺繍があしらわれているの。

あれ?どこかで見たような・・・

          031555.jpg

そうだわ!みなえちゃんちで見せてもらったオキーフの画集!

オキーフの絵をモチーフにしてアレンジした作品。
題は、「死んでるけど可愛い。」ですって。
確かに、”死⇔可愛い”が融合してる。

りかちゃんは、この絵が大好きなのだそう
写真に撮って。と言われました。
(みなえちゃんが、オキーフの画集をりかちゃんに貸してくれるそうです・笑)

モノトーンの薔薇

          031556.jpg

薔薇らしくない薔薇・・・でも、いいね。 新鮮!

また、これは全く違う作風。

          031557.jpg

みなえちゃんは、この作品が大好き!なんですって。
ちょっと解る。
(みなえちゃんの好きなキリコの形而上絵画を思い起こさせるような気がします。
だからかどうか、知らないけど・笑)

なんだろ?観てると気持ちがザワザワしてくる(笑)

自画像かな。

          031558.jpg

まりちゃんは、「フリーダ・カーロ」が好きなんだそう。
フリーダに通じる魂を感じます。

今度は、タイル作品。

          031559.jpg

本当に、作品の表現方法が多岐に渡っています。
まさに、子供の百の言葉・・・のように、

きっと”100の表現方法”を失うことなく、
子供の魂を持ち続けているんだろうな、まりちゃん。

          031560.jpg

今度は、タペストリー。
ちょっと怒ったような顔のまりちゃん。

昔、まだまりちゃんが、赤ちゃんだった頃。
お正月のニューオタニ(毎年徹先生達の催しがあった)の、控え室の

ドアのすぐ傍の足元で、(奈尾美さん曰く・笑)のたれ死んだように
転がっていたまりちゃん。

ここでは、危ないからと移動させようと体に触れただけで、
ものすごい勢いで怒られました。

1歳ぐらいの乳児だったと思うのですが、
その激しさと怒りがあまりに恐すぎて、
とうとうのたれ死んだ場所から動かすことができなかった(笑)

そんなまりちゃんのことを思い出しました(笑)

すっかり大人になったけれど・・・

          031547.jpg

あの時の魂は、そのまま。なんだろうな。


          031548.jpg

瞳も、昔のままです。

勉強と卒業制作と・・・寝る時間も無いほどに忙しいらしいです。
いままでの、勉強が詰ったBOOK。 

          031550.jpg

それを熱心にみつめるみなえちゃん。

まりちゃん、D&Gが好きなのね(笑)

          031551.jpg

こういうことをする↑まりちゃんの魂が好きだわ(笑)
(何故か?まりちゃんのことを語る時、魂という言葉を使いたくなります。
 心じゃなくて。 だから”魂”連呼になっちゃった・笑)


まりちゃんの写真を撮り忘れたので、後から送ってもらいました。
まりちゃんです

     031701.jpg

私も、この作品から一番エネルギーを感じて心に残ったのだけれど、
作品が好きでも、肉自体があまり得意ではないので、どうしよう?と、実は混乱しています(笑)


卒業したら、アメリカの大学でアートの勉強をし、
将来はインテリアかプロダクツのデザイナーになりたいそう。

百の言葉を持ったまま、その才能を伸ばして、
素敵なデザイナーになってね!

全力で、応援しています

他の生徒さんの作品と、その後のジョナサン(山下公園前)での
熱いひととき(笑)は

さらに③に続きます。

Art | Comments(0) | Trackback(0)
2015/03/15

IBDP Visual Arts Exhibition ①

本日のおでかけりかちゃんと・・・エミ?

          031523.jpg

あれ?なんか顔が違う!美人になってる
な~んて(笑)

そうなんです。 エミじゃなくて、パールさん改めみなえちゃんと、
りかちゃん、珍しい3人組で休日のお出かけです。

          031525.jpg

相変らず美しいママ、みなえちゃん

今日は、こども達の面倒はパパが見てくれています。
理解ある素晴らしいパパさん!
(そして、いつも一緒のお出かけには無理やり貰ってもらった(笑)私の服を着てきてくれます。
パールとのアレンジがみなえちゃんらしくて素敵!)


りかちゃんは、この日のお出かけが楽しみで、前日の夜は
ワクワクして良く眠れなかったそう(笑)

          031521.jpg

ちょっと緊張しているようにも見えましたが、
こうしてジャガイモ笑顔も見せてくれました(笑)

電車に乗って、ずーーーっと電車に乗って、
途中で乗り換えて、

これからみなとみらい線に乗ります。

          031526.jpg

やってきたのは、横浜の神奈川県民ホールの第五展示室。

ここで、横浜インターナショナルスクールの美術選考作品展があり、
その生徒11人の中の一人が、奈尾美さんの次女まりちゃんで、

先日、ひょんなことから、彼女の作品を一部垣間見たことから、
(それがものすごいパワーで見過ごすことができなかったので・笑)

それは、ぜひ観に行きたい!と、集まったのが
この3人のメンバーなのでした。

しかし、会場に入ったら、
その美術選考の高校生達の作品を見る前に、なんと!

そこのEealy-Learning(3歳~5歳の幼児)クラスの作品が
展示されていたのですが、それがまた素晴らしかったのです

ここのプログラムは、Ressio Emillia(レッジョ・エミリア)の保育実践に
基づいており(後ほど、また触れさせていただきますね。)

          031528.jpg

こども達の作品は、みなのびのびして、発想が自由で、キラキラと
した魂が感じられ、

          031530.jpg

観ているだけで、ニコニコととてもハッピーな気持ちになりました

          0315100.jpg

りかちゃん、真剣に覗き込んで観てます(笑)

素敵な作品! 周りの額(?らしきもの・笑)も素敵!飾りたい。

          031532.jpg


レオナルド・ダヴィンチの言葉と共に・・・
"Simplicity is the highest form of sophistication."と書いてあります。
(ultimateが highestに変えてあります。子供にも解るようにでしょうか?)
「シンプルさこそは、究極の洗練である。」

          031533.jpg

そんな哲学的とも言える深い言葉と、作品が無垢に存在しているのが、
なんとも言えず素晴らしい!

「ここに、ダヴィンチの言葉が書いてある!」と見つけたのは、
流石のみなえちゃんです。

製作過程の写真も一緒に展示してあり、それがまたかわいい。

          031534.jpg

わお、いっちょまえのペインターみたい!

          031535.jpg

音の鳴るものを集めて。 自然の中から見つけたものたち。

          031536.jpg

自由なダンスとドレスと・・・

          031539.jpg

ipadを写真にかざすと、心の赴くままに躍る子供の動画が映し出されます。

          031541.jpg

りかちゃんは、全部の動画を熱心に観ていました。

私がとても好きな作品。 とにかく色がいい。素敵!

          031598.jpg

このピュアで美しい色を出せるのは、美しい魂だからこそ。
ピカピカな楽しそうな笑顔に、心が洗われます。

          031599.jpg

ピカソが最晩年に、本当の意味での「子供の絵」を目指したのが
解るような気がする、そんな素晴らしい作品達・・・

          0315101.jpg

もう、ここだけでかなりの満足感です(笑)

     0315102.jpg

プレスクールの校長先生がとっても素敵!だったので、
写真をお願いしたら、快く応じてくださいました。

せっかくなので、皆さんご一緒に

          0315103.jpg

左から↑奈尾美さん、校長先生、りかちゃん、瑛子ちゃん、みなえちゃん

せっかくなので、私もご一緒させていただいた写真は、みなえちゃんが
撮ってくれました。

     0315104.jpg

これだけで、長くなりましたので(笑)
本編のまりちゃん達高校生の作品は、次回に持ち越しとさせて頂きますが、
(これがまたすごい!!!)

①の締めくくりとして、

レッジョ・エミリアの保育実践とは?それを知るための手がかりとなる
「こどもたちの100の言葉」という詩を書きとめましたので、
どうぞ参考にしてください。(瑛子ちゃんが送ってくれました。)


でも、百はある。


子どもには 百とおりある。
子どもには 百のことば 百の手 百の考え 百の考え方
遊び方や話し方

百いつでも百の 聞き方  驚き方、愛し方
歌ったり、理解するのに 百の喜び
発見するのに 百の世界
発明するのに 百の世界
夢見るのに 百の世界がある。

子どもには百のことばがある
(それからもっともっともっと)
けれど九十九は奪われる。
学校や文化が頭とからだをバラバラにする。
そして子どもにいう
手を使わずに考えなさい
頭を使わずにやりなさい
話さずに聞きなさい
ふざけずに理解しなさい
愛したり驚いたりは
復活祭とクリスマスだけ。
そして子どもにいう
目の前にある世界を発見しなさい 
そして百のうち
九十九を奪ってしまう。
そして子どもにいう
遊びと仕事
現実と空想
科学と想像
空と大地
道理と夢は
一緒にはならないものだと。

つまり
百なんかないという。
子どもはいう
でも、百はある。

Loris Malaguzzi(ローリス・マラグッツィ)
レッジョ・エミリア保育の創設者の一人 

(田辺敬子 訳)


胸に響き、ちょっとずきんとして、大事なことを思い出し、気づき、
心に刻んでくれる、素敵な詩だ。と思いました。


そして、次回をお楽しみに!!!
 
Art | Comments(2) | Trackback(0)
2015/03/13

H&Mのポーチで・・・

H&Mのお花フリフリポーチは、可愛くて思わず2色買い

          031202.jpg

これだけでも、もちろん可愛いのですが、
なんとなく物足りなくて・・・カスタマイズするべく、家の中をいろいろ物色。

ブラックは、ファスナー金具をペンチでカットして、
タッセルとイニシャルキラキラをつけました

          031203.jpg

タッセルはボディローションのボトルに付いていたもの。
キラキライニシャルは、なんとなく買っていた。



ピンクをじーっと見ていたら、どーしても付けたくなってしまったのが・・・


じゃじゃん

          031204.jpg

あはは。 シャネルのCCマーク(笑)
そこまでやるの?と、どうぞ笑ってやってください。

でも、見れば見るほど、この真ん中にCCを付けて!と
ポーチが言っているように見えたんです。

なので、壊れても捨てられずにとっていた大昔のシャネルイヤリングを、
えいっ!と、ボンドで貼りました。

ああ、壊れても第二の人生
きっと、イヤリングも喜んでいることでしょう。

うふふ。でもここに、CCマークが付いているだけで、
気分が上がる
すみません。そんな単細胞なおんなです、私は(笑)

アイボリーもあるのですが、カスタマイズの案が浮かんだら
買おうかな?

そうしたら、その日の気分やバッグに合わせて
日替わりで楽しめるわ~と、悩み中です(笑)

・・・ということで、

H&M戦利品第2弾でした~

未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2015/03/12

3月10日、11日、12日

3月10日は、父の83歳の誕生日でした

          031107.jpg

父は、ホームの方々から、こんなに可愛く丁寧に飾られたお祝いの色紙を
頂いており、部屋に飾ってありました

この父の顔は心なしか少し微笑んでいるようにも見えます。

私たちが行っても、最近は泣く事も、怒ることも、
もちろん笑顔も見せませんが、

お気に入りのスタッフさんの顔を見ると、にっこりと微笑みます(笑)

ボケてはいないので、しゃべることも出来るはずなのに、
ほとんど言葉も発せず、

私たちが持ってきたおやつを次々とただひたすらに食べ続ける。という
相変らずの面会です(笑)

でも、昨日は帰ろうとしたら「もう少し居てくれ。」と懇願されました。

もう片方しか開かなくなった父の瞳は、どこを見ているのか
解らないような、私のことをしっかりと見ているような・・・

仙人のような、それとも赤子のような

なんとも言えない、その訴えかけるような瞳を振り切って
”もう少し居る”こともせずに、そのまま帰ってきました。
 
時々、父は私たちのことを恨んでいるかな?と思うこともありますが、
それでもいい。とも思っています。

あのままでは、お互いが苦しめあうことになってしまっていたであろうし、
今、こうして穏やかに暮らせること、

そして、父も新しい家族と共に日々を精一杯生きているのだ。と
思うことにしています。

そして、今日3月12日は私たちの21回目の結婚記念日です

4年前の11日は東日本大震災で、その翌日
会社に一泊してようやく帰ってきたヒデキと一緒に、

食材も全く無く、サバ缶でひっそりささやかにお祝いしました(笑)
あれは、4年前なんですね・・・

3月10日以降は覚えておかなければならない日の連続で、
なんとなくソワソワと、緊張して過ごしています。

私たちは、結婚21年ですが父と母は一体何年なんだろう?

最近、写真を整理していた母がこんな写真を食器棚に
飾っていました

          031109.jpg

わあ、父も母も若い! 母は・・・げげっ。私に似てる(笑)
っていうか、私が母に似ている。の方が正しいですね。

私ももう少ししたらこんな風になるのかな?

母が着ているのは、着物をリフォームしてマキシ丈のドレスと
お対のジャケットに仕立てたもので、

結婚式や、授与式などのフォーマル時に着用した
お気に入りです。

母のグレイヘアーにも良く似合っていて
これを着ている母は、私も「素敵だ。」と認めます(笑)

でも、着る機会ももうあまりないので、
「今度のりかちゃんのピアノの発表会で着たら?」と

提案したら、少し顔がほころんでいました。
(最近は、一人暮らしも煮詰まりつつあり(笑)仕事を辞めた後の生きがいも見つけられずに、
すこしぼんやり気味です。)


私たちは、まだ結婚21周年だけれども、
この写真の父と母のように・・・

まりちゃんやりかちゃんの結婚式に出て、
こんな風に写真におさまるのでしょうか?(笑)

まだまだ先のことのようにも感じるけれど、
あっと言う間なのかなぁ。

ありきたりの夫婦といえども、様々な歴史が刻まれるものだなぁ。と
いろいろなことを思いながら、

両親の写真を眺めている結婚記念日です。

ちなみに、去年の記念日はヒデキ出張で一人でした。
そして、今夜は?

ヒデキ出張から帰ってきます。
ああ、めんどくさいけど夕飯をつくらなくちゃ~(笑)

蕾を付けていた胡蝶蘭が今日、一輪咲きました。

          031205.jpg

記念日にありがとう



未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2015/03/07

マリン&イエロー

まりちゃん中学校の「3年生を送る会」での一こま。 

          030520.jpg

星型の黄色いクス玉が割れた瞬間を、捕らえることができました

まりちゃんは、2年生の発表で劇中のダンスユニットで出演していました。
途中デュオでのバレエも披露し、楽しそうに踊っていました。

来年は、もう送られる側。早いーーー
この間、入学したばっかりだったのに。

でも、この3年間は心も体も大きく成長する大切な時期だったんだなぁ。と
自分の中学時代のことも思い出しながら、

眩しい若さの中学生達を眺めていました

そんなおねの「送る会観覧父兄ファッション」は・・・

               030503.jpg

カジュアルに、マリンXイエローで

ボーダーコート、ブラックデニム、イエローバッグは、ZARAで、

インに着ているTシャツは、実は裏起毛で技あり!袖は
肘ぐらいまでの半そでですが、とても暖かいK'oiのものです。

こちらでも買えますよ→http://k'oi.fashionstore.jp/

でも、体育館は冷えるので、ボーダーコートの下に
プレミアムダウンを着込み、イエローのストールを巻いて行きました。
(ダウンはひざ掛けに)

バッグのイエローに合わせて、YUKI IIJIMAもイエローのセット
選んでみました。

そう、そろそろミモザの花も咲き始め、イエローが気になる季節・・・

きっとイエローに合うな~と、こんなチャコールグレイの
テロンとしたシャツワンピース↓をH&Mで見つけました。

          030401.jpg

アクセサリーは、東日本大震災の時のYUKI~タンポポ基金の
タンポポセットと、ずっと昔のパール&イエローを重ねて。

             030405.jpg

たぶん、日常着としてすごく活用しそうです。

ネックレスをちょっと変えて、イエローGジャン(数年前のユニクロ)を
羽織れば、暖かい日ならそろそろ着られます。
(ノーメイクなのでこの後すべてサングラス姿で失礼します

                 030410.jpg

イエローだけじゃなくて、ペールピンクのオーバーニットコートを
羽織ったり・・・

               030417.jpg

桜の季節には・・・

               030413.jpg

桜色のストールに、桜のリング、桜のイヤリングに、桜色のパールなど
如何でしょう。

鮮やかなピンクと合わせても・・・

               030418.jpg

(アクセサリーはすべてYUKI IIJIMA

黒よりコントラストが強すぎず、リラックスした日常感が
楽しめるかな?

その他も、合わせる小物によって様々に印象を変えることが出来、
春先から初夏まで、そして晩夏から秋口まで
重宝しそうなワンピースだわ!と、期待しているところです。

他にも、久々にH&Mでたくさん買いものをしました(笑)
おいおいUPしていくと思いますが、

戦利品あり、挑戦アイテムあり。で
「へー。ミサコはそんなものを買ったのか。」と
楽しんでいただけるかな?(笑)と思いますので、

また時々覗いてみてくださいね~

お洒落 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/03/01

トゥッティ・フルッティな春

バーニングレッドのコートをフルーツ柄のスカーフと一緒に

               022713.jpg

ジュヌヴィエーヴコートと呼んでいるアニエスbの赤いコート(古着)は、

     201202071112000_201503010944101aa.jpg
    (シェルブールの雨傘より↑
             カトリーヌ・ドヌーブ扮するジュヌヴィエーヴが着ていたコートから名づけました)


いろんな組み合わせで、毎年のように楽しんでいますが、

                201312141342000_20150301125432495.jpg


               201204130940000_20150301125432525.jpg


               201112181418000_20121216205143_20150301125431a7f.jpg

今年は、題して”トゥッティ・フルッティな春のジュヌヴィエーヴ”とでも
しておきましょうか?(笑)

               022706.jpg

レッドXグリーンの配色にしたかったので、
グッチのフルーツ柄スカーフも(同じく古着・笑)グリーンの部分が
表に出るように巻き

              022702.jpg

YUKI IIJIMAも、マスカット色のアレキサンドラセットを着けました

       030101.jpg

コートのインにぴったりの薄手ハイゲージニットのワンピースは
ZARAですが、体の線が出ないように着たかったのでなんとLサイズ(笑)

袖口のゴールドボタンがアクセントになり、ちょっと洒落ていて
着易く気に入っています。

バッグも色とデザインが気に入って買ったものですが、後からそっくりな
デザインのグッチを知り、なぁ~んだ、なんちゃってだったのか。と知る。
(古着にZARAになんちゃって。ああ、なんて私らしい・笑)

東京駅の構内ショップをふらっと覗いてみたら、
「あら?」と目に留まったりんごのピン

            030104.jpg

スカーフを留めるのにトロンプイユみたいでちょっと面白そう。
と、買ってみました。

          030102.jpg

”お揃い”に目がない私・・・これでますますトゥッティ・フルッティに
なったわ。と大満足(笑)

また、暇な電車内、音のしないカメラで自分撮り。

           022727.jpg

今日は赤に負けてない!と思いますがどうでしょう?(笑)

ちなみに、この直後、朝からお酒臭い女性が、
何故か?他にたくさん座席も空いているのに、お隣に座ってきて
いろいろ話しかけられました

綺麗な人が好きで、綺麗な人と話したいのだと仰って。
正直ちょっと困ったな。と思いました。

男性の酔っ払いなら、すぐに席を移るところですが(笑)
うーーー女の人でも、席を替わりたい。と一瞬思ったものの、
それも無粋だ。と思いなおし・・・

東京駅までの区間、この人のおしゃべりに付き合おう!と腹をくくり、
楽しみました!(笑)

酔っ払いの彼女の声はとても大きくて、車内中に
危ない(?笑)単語が響き渡っていましたけれど(笑)
(〇っぱいパブで働く風〇嬢らしいです)

話を聞いているうちに・・・

仕事に貴賎の差はない。 どんな人も社会の一人。
世の中には色んな人がいて、それぞれ誰かの役に立ち、

一生懸命生きているのだ。と、改めてとても勉強になり、

きっと寂しかったんだ。誰かと話したかったんだ。と
彼女の気持ちも少し解った気がしました。

世の中には、明もあれば暗もある。
陽もあれば、陰もある。

袖触れ合ったささやかなご縁だけれど、
何か・・・世の中の本質と言える様なことに、
はっ。と気づかされたような出来事でした。

「何かいいことあるといいですね
と、にこっと微笑みかけ席をたったら、

「おしゃべりしちゃって本当にすみませんでした。」と
うつろな目で答えてくれました。

どおってことない出来事だけれど、
なんだか・・・きっと忘れられないなぁ。と思った事件でした(笑)

本当に、彼女がお酒におぼれずに
幸せになる日がくるといいなあ。と願っています


さあ、今日からいよいよ3月ですね!
私も花粉症の薬をとうとう飲み始め、朦朧地獄と戦い頑張っています(笑)

本当はあまり出かけたくないけれど(笑)
行きたいところ、観たいものもいっぱりあり、

重い暗色の真冬のコートやモコモコダウンではなくて、
春の色、春の素材などを徐々に取り入れながら、

桜前シーズンのお洒落を楽しんで行きたいと思っています。
春はもうすぐ!花粉症の皆さん、お互い頑張りましょうー


お洒落 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |