2017/05/18

メイクも夏仕様

予告どおりメイクの記事です!
初夏らしく・・・

シャネルのクルーズメイクアップコレクションに
一部チェンジしました

          IMG_7292_20170518114634f83.jpg

大好き!で必須!なフェイスパウダーは、
今回ゴールドパール入りで、

夏らしいヘルシーなグロウ感を演出してくれ
ツヤツヤで元気な印象の肌になります。

マスカラは、深みのあるピーコックグリーンで

          IMG_7293.jpg

目立たないけれど、ちょっとしたときに、
あれ?グリーンな感じ。

一番気に入っているリップは・・・

          IMG_7297.jpg

一見すると、ナチュラルなベージュピンクに
見えるのですが、

ありがちな時間が経つとくすんでくるベージュ
ピンクではなくて、

どんどん発色して、まさに理想の
珊瑚色!ミルキーなピンクオレンジに
なってくれる、今までで一番好きな色です。

なので、これ1本!で、他にいろいろ
色を混ぜなくても、上からグロスを重ねなくても、

理想の色に発色してくれるので、
持ち歩きも、これ1本!(笑)

しかも、細くて軽いので、ポーチの中が
ずいぶんすっきり軽くなりました!

ルージュ ココ スティロ 227 エスキス
という色です。

トリートメント効果もあるので、
唇もどんどん潤う感じがあります。

そして、ポーチが軽くなったので(笑)
今まで使っていなかったのですが・・・

リップブラシも試しに買ってみました。

          IMG_7299.jpg

これすごくいいです!
スティックタイプのリップなので、
もちろん、そのまま塗れるのですが、

このブラシにたっぷり取ってぬりますと、
よりリップが立体的に・・・
美しく塗れます

          IMG_7300.jpg

キャップをとって、繰り出して使うタイプです。

メイク小物も・・・
ちょっとしたことですが

CHANELだと、気分が上がります(私は・笑)
メイクも楽しくなります。

さてBeautyねたついでに、こちらも↓

          IMG_7302_2017051811312101e.jpg

酒粕と甘酒。

酒粕は、もちろんお料理にも使うのですが、
最近、酒粕パックにハマっています。

すごくいいです!!!

しっとりとキメが整い、肌の奥から張りがでて、
滑らかにもっちりしてきます!

TVで酒粕パックの作り方というのをやっていて、
それですと、小麦粉を混ぜたりちょっと面倒そうだったのですが、

このペースト状になっているものだと、
そのままチューブから少しだして、

塗るだけ。なのでとても簡単!
余ったら手の甲にも塗って馴染ませてしまいます。

パックは、乾いてきたら洗い流すだけ。
なのですが、

その時点で、もうちがう!(笑)
と、感じます。

手も白く綺麗になってきた気がします。

ただ、お酒が苦手な方は、
顔に塗っただけでも、香りがするので
酔ってしまうかも?(笑)

私は、今までのどんなパックより
気に入っているので、

毎日楽しんで酒粕パックをしています。

そして、甘酒・・・

これは、ヨーグルトにトッピングして食べると

ものすごく美味しい!!!です

          IMG_7308.jpg

このデザートが世の中で一番美味しいんじゃないか?(笑)
と思うくらい気に入っていて、

それに、やはり美容にも健康にも
効果的だということなので、

甘酒も欠かしません!
美容の為の、気になるサプリメントもあるのですが(笑)

甲状腺の先生に、添加物がNGなので、
サプリメントは飲まないように言われているので、

できるだけ、自然なものを
工夫して取り入れていきたいと思っています。

酒粕は、昔は火傷の治療にも使われていたよう・・・
(NHK 「発酵ライフ」情報より)

肌に塗っていると、解るな~と感じます。

夏のメイクと酒粕パックに、
甘酒ヨーグルト、と・・・

全くの自分の好みばかりでしたが(笑)
何かのご参考にしていただけましたら
とても嬉しいです



スポンサーサイト
Beauty | Comments(2) | Trackback(0)
2017/02/20

春、アイシャドーを変えてみる。

春になると、何故かアイシャドーを変えたくなります(笑)
ずーっと長い間シャネルでしたが、

今回は、ランコムにしてみました

          IMG_6219.jpg

雑誌(プレシャス)でモデルさんが綺麗に
つけていらしたのを見て、これいいかも?!と、

写メを撮り、早速カウンターに向かい、
見せていただき、手の甲で試したりした結果、

雑誌掲載のものではなくて、こちらの
スターアイシリーズにしました。
(イプノ パレット ST1 ブラウンアドーレ)

BAさんも、「たぶんお客様にはこちらの方が」と
同時に持ってきてくださっていて、
さすが!と感心しました。

こんな風に、塗り方の手ほどきも詳しく
イラスト説明されていて・・・

          IMG_6220.jpg

その通りにやったら、簡単に
綺麗なグラデーションが出来て、発色も綺麗!

ほぼ見た目どおりの優しく温かみのあるベージュ~
ブラウンで、パール感も上品で艶やか。

そして、大事な!目元の深みも演出され、
とっても気に入りました

こんな感じです↓

            FullSizeRender_20170220154252744.jpg

いつもと同じじゃない?と思われるかも
しれませんが・・・

なんとなく、ちょっと違うのです!
妹にも、「いいね。」と言われたので、
見る人が見れば絶対に違いに気づいてくれる筈です。
と、思います(笑)

とても気に入ったので、他のパレットも
欲しくなりました

ランコムは、20代のOL時代に、
アイシャドーからチーク、リップまで入った
頂きものの(海外土産)ものすごいパレットを
持っていたけれど(笑)

色合いがすごすぎて、結局使いこなせず
終わってしまいました。

なので、ランコムのアイシャドーを自分で
選んで買ったのは初めてでしたが、

今まで、気づかずにいてごめんなさい!と
思ったほど(笑)気に入りました。

でも、ファンデーションはずっとランコムです。
BB下地もバージョンアップしたばかりです。

そして、リキッドファンデは、ランコムのアブソリューの右に
でるものは、ない!と思っています↓

          IMG_6243.jpg

他のファンデーションも話題になるたびに、
店頭で試してみたりしますが、

やっぱり、アブソリューの方がいいよね。と
思ってしまいます。

ちょっと高いですが(13000円)
本当に伸びが良く、薄づきでもカバー力にすぐれ、
皺っぽくもならずに、しっとり。
しかも、時間が経ってもくすまない!

半プッシュぐらいでも十分なので、
この瓶もたぶん一年以上使っています。
ので、高くない!と思いますが(笑)
如何でしょうか?

でも、アブソリューシリーズからも
クッションファンデが新たに出ていて、
とても気になるので(笑)
(他社のクッションは満足できなかった)

次回は、クッションとリキッドと・・・
どちらにするか、またカウンターで
しっかりと試してみようと、楽しみにしている
ところです。

久しぶりにBeautyのネタが登場したので、
ついでに、最近これいい!と思った
メイク用品などを、すこしご紹介してみようと思います。

まずは、ファシオのアイブローマスカラ↓

          IMG_6244.jpg

髪の毛は黒くても、眉は茶色いほうが
若々しく、明るく見えるので、アイブローマスカラは
欠かせません。

ですが、ブルジョワ撤退以来、
なかなかいい色が見つからずに捜していたのですが、

このファシオがなかなかいい色で
しかも、綺麗について落ちにくいので
とても気に入っています。

二本とも同じような色に見えますが、
まず、薄いほうの色で眉の色を薄くし
その上からレンガっぽい色の方を塗ります。

2色使った方が、ニュアンスが出ますが
(BR 302と、BR 300です)

どちらか一方だけ、だったら300が
お薦めです。

それから、最近ずっと付けている付け睫

          IMG_6249.jpg

MAKE UP FOREVERもいいのですが、
普段用にガンガンつけると勿体無いので(笑)

もう少し手ごろな値段で似たようなものは
ないか?と、捜したところ、
(たくさん買った・笑)

このLOVE CHERIE 倖田来未セレクションが
自然でなかなか良く、気に入って使っています。
楽天一位らしいです。解ります(笑)

グルーも、いろいろ試したところ、
ミッシュブルーミンのものを愛用中です。

付け睫と地睫を馴染ませる為に、
モテマスカラのコームタイプで
ぐっと上向きに持ち上げて仕上げます。

練習でお買い物へもどこへでも、
いつもつけていたら、もう慣れてしまって、

大変なことは何もありません(笑)
それより、念入りにマスカラをするほうが
今ではもう面倒に思えてきます。

顎を挙げて薄目にして、真ん中に
ピンセットでちょん。と付け、
あとは、目頭よりと、目じりよりを
貼り付けるだけ。

慣れればなんてことありませんので、
良かったら、ぜひお試しください!(笑)

まだ、画像に撮ったものがありましたが
ちょっと疲れてしまったので

今日のところはこの辺で失礼します。
また、気が向いたらご紹介してみますね!

春、皆様も、気分も新たに

新しいメイクアップ用品で
”ちょっと新しい自分”を発見してみては如何でしょうか?

Beauty | Comments(2) | Trackback(0)
2016/10/28

成城マダムと赤い口紅

2ヶ月振りのボーカルレッスンへ(前回風邪でお休み
風月堂のランチは、キッシュセットを選びました。

          thumbnail_IMG_4640.jpg

この風月堂の二階窓際の席から、道行く人たちを
眺めているのが好きです。

成城の駅の改札を出ると、すぐに漂ってくるのが
成城らしさ。・・・と言うのでしょうか?(笑)

他の街にはない、独特の空気を感じます。

特に、ご年配のマダム達の柔らかい物腰や上品さが
醸し出す雰囲気が、同時に街の品格あるムード作りにも
一役買っているような気もします。

例えば、エスカレーターの上り、下り、でそんなマダムと
すれ違う時、

ちょっと目が合った場合などは、お互いなんとなく微笑み合う。
そのようなことが、極自然にできる街・・・

そして、そんな時は、時に「綺麗な方ね~!」と、キラキラした
目で感嘆するように褒めてくださったりします。

本当に、成城では・・・
他の街ではありえない程に(笑)マダム達が私のことを
ほめてくださるのです。またしょってて、すみません!

一ヶ月に一回しか行かない街なのに、
行けば必ず!と言っていいほど、

多いときなどは、たった小一時間の間に、2~3回も、
そのような方と出会い、すれ違い・・・「綺麗な方ね~!」と
惚れ惚れするような表情で、声を掛けてくださいます。
(本当に嬉しく、ありがたいことです)

何故だろう?と、ちょっと考えてみたのですが、
たぶん、お年を召してもお洒落で元気なマダムが多いということ。

そんなマダム達は、綺麗なものや、綺麗な人に
敏感に反応し、興味があり、大好きだということ。

年齢を重ねても、お洒落も綺麗も諦めていない。
ということ。

かな?などと、自分なりに解釈していました。

皆さん、それぞれ自分なりのお洒落を楽しんでいらして、
お化粧もきちんと施して・・・

特に、リップは赤や濃いピンク色など、
臆することなくひいていらっしゃるマダムが多いような
気がしました。

・・・と、最近、野宮真貴さんの本を読んでから、
女性のリップの色について、とても気になり、
とにかく観察研究をしていましたが(笑)

ご年配でも、綺麗、素敵、と感じる時は、
赤い口紅率が高かったのです。

年齢と共に、唇の色が悪くなってくる、くすんでくる。
なので、今までと同じ口紅を使っていても、
あれ?夕方になると、塗っても塗っても発色しない。
それは、唇自体の色がくすんできたからで、
それに気づかないで、同じ色を塗っていると、
いつのまにか、顔に色が無くなってくる!(笑)
でも、それは徐々にやってくるので、
すぐには気づかないで、その色のない顔に
だんだん慣れてくる・・・

なので、40代以降の女の人に顔に色が無い!人が
増えてくるんじゃないか?と
そんな考えに至りました。

30代は透明のグロスでも十分綺麗。
でも、40代になり、グロスだけでは物足りなくなり
薄いベージュやピンクなどのリップを塗る。

でも、50代では、更に顔色がくすみ
唇の色が悪くなるので、更に血色の良い色を
唇に施す必要があるのだ。と、沢山の女性達を
観察していて、思いました。

けれど、慣れていないから・・・
顔色のない顔を見慣れているから、
なかなか赤い色の口紅に手を出すのには
勇気が居る。

そのような女性が意外に多いのではないでしょうか?

そんな時は、自分が綺麗だな。と思う赤い口紅を
まず買って、それを最初にダイレクトに塗ってみて、

派手すぎるように感じられてしまう時は、
その上に、今までの馴染みの口紅を重ねてみると、

その赤色が抑えられ、受け入れやすいのでは?
と感じました。

私も、今まで使っていた口紅が・・・
何故か塗っても塗っても発色しない?
そんなはずではなかったのに!(笑)

と、最近気づき、赤い綺麗色の口紅をまず塗って・・・
その上から、いつもの馴染みある色を重ねたら、

くすんだ唇の色が透けて見えずに、
見せたい色が以前のように、綺麗に発色するようになりました。

加齢や変化は、ある日突然!やってきたように感じることも
ありますが、このように気づかないうちに
すこしずつ、すこしずつ、やってきていて、
気づいた時には、あれ?ということになっているのですね(笑)

お陰で、赤色下地のサーモンピンク口紅は
周りの反応も良く、暫くはこれでいこうと思っています。

とにかく、これからは赤い口紅を1本
化粧ポーチの中に入れておこうと思います。

さて、そんな赤い口紅研究週間に(笑)

訪れた美容院の女性スタッフちゃんたちが
みな赤い口紅でした。

でも、実は「赤」に見えた唇も
それぞれに、こんなにバラエティ豊かな
「赤」に見える色。だったのです。

つけると赤に見えたローズピンク↓

          thumbnail_IMG_4602.jpg

やはりすこしピンクよりの赤↓

          thumbnail_IMG_4603.jpg

この子は、オレンジよりの赤でした↓

          thumbnail_IMG_4604.jpg

こんな彩度の低いレンガ色でも発色してしまうという
色白の子のリップ↓

          thumbnail_IMG_4605.jpg

一口に赤といっても本当に色んな赤があり、
唇に塗って、「赤」と判断される色ともなれば、
もう、それこそどれだけあるのか解らないくらい
沢山ありますね。

私の赤口紅は・・・

          thumbnail_IMG_4550_20161028102252353.jpg

シャネルのルージュアリュール172
ルージュルベルというリップスティックに、

珊瑚色のルージュアリュールインク(新製品)142
クレアティフというリップカラーを重ね付けしています。

インク・・・は、水のようなテクスチャーですが、
塗ると少しマットに、ぴたっと張り付くような感覚が
新しいです。

その上に、また今までの同じくアリュールの
グロス22番などで艶を与えたりすることもあります。

今までは、ほぼ、この色つきグロスだけで色を乗せていたので、
時間が経つと、褪せた唇の色が浮き出てみえた・・・という
ワケだったのですね。

基本、リップを塗るのは全部洋服を着てから、
バランスを見て、色を決めますので、

もちろん、あわせる服によっては、ショッキングピンクの
時や、モーブ系のピンク、オレンジ、ベージュなど
色々ですが、

大体が珊瑚系ピンクなので、
その珊瑚系ピンクの色の下地に赤色を投入した。
ということになります。

これから年齢を重ねたびに、
その赤色がだんだん強くなってくるのでは?

そして、最終的に赤が似合うマダムになっているかな?と、
楽しみに予想したりしています(笑)

ところで・・・「赤い口紅があればいい」は
アマゾンで一位になったそうです!

          red lip

やはり、赤い口紅には興味はある。
つけてみたいけれど・・・どうやって?という
女性が、まだまだ案外多かったのかもしれませんね。
(私も含め!)

シャネルのコスメカウンターで、お隣に座られた
40代と見られる女性もお顔に色がなく(すみません!)
BAさんに赤い口紅を薦められていましたが、

「赤なんて!つけたことないです!ダメです~」と
固辞していらっしゃいました。

かくゆう私も、赤は、赤いグロスどまりだったので、
とても良く解りますが、

お隣で、「赤色試してみればいいのにな~」と
思ったりしていました(笑)

・・・と、野宮真貴さんの本に最近影響されまくっている
私ですが、

普段着の格上げを!という項目を読んで、

もう、お出かけにはきっと着ないけど、
捨てたりはできなくて、大事にとっていた(笑)

カシミアのツインニットをワンマイルやお部屋着として
どんどん着てしまおう!ということで、

20年振りに袖を通し、普段着にしました。

               thumbnail_IMG_4650.jpg

とっていてもどうせ着ないし、
だったらお部屋着を格上げするつもりでどんどん着ればいい。
なるほど。

以前は、シャネル風にパールをじゃらりと付けていましたが、
(画像では良くわかりませんが・笑)赤いリップをつけたら、

一粒パールのイヤリングでも、
ワンマイルなら十分という感じになりました。

それに、このニットの色合いが、ここ何年も
肌がくすんで見えるようで似合わないな~と感じて
そんな理由もあり、着ていなかったのですが、

リップの発色が良くなったせいで、
この卵色のようなベージュ色もくすまず、着られたような
気がしました。

ひとまず落ち着いた?ような私の赤口紅研究(笑)

いつでも、一番美人に見えるテクニック・・・
「赤い口紅」を上手に味方につけて

真貴さんの仰る、”雰囲気美人”になりましょう

R様より寄せられたコメントへ、も、こちらの記事で
お返事とかえさせて下さいませ。
私なりの考えですが、ご参考になりましたら、嬉しいです!

Beauty | Comments(2) | Trackback(0)
2016/10/01

アイラッシュ★

ようやく!自分に合うアイラッシュを見つけました

     092902.jpg

MAKE UP FOR EVERのラッシュショーナチュラルN-205です。

モデル使用ですと、こんな感じ↓

        092903.jpg

今まで、アイラッシュを試したことは、実は何度もあったのですが、
いかにも「付けてます」みたいな大げさな感じになってしまったり、

または、ナチュラルすぎて、付けても付けなくても同じ?
みたいな存在感の薄いものだったり・・・。

だったら、マスカラの方がいいわ。と、付け睫をつけて
外出する気になったことは一度もありませんでした。

ところが!こちらは、ナチュラルだけれど、
吸い寄せられるように印象的で、

陰影とインパクトのある理想的な目元になれたのです!

その上、着け睫特有の重たさもなく、自然なので、
メイクの上手な友人にも、言うまで全く気付かれませんでした。
(でも、なんだかいつもと違う!と思ったそうです・笑)

「いかにも付け睫」に見えないのは、
まばらにまとまった植毛と、その睫を繋ぐラインが
「透明」だからかもしれません。

実は、付け睫をつけるのも、苦手だったのですが、
この↓ツールを使うことで

          IMG_4240.jpg

以前より難なく付けられるようになりました。

このピンセットで睫の上にちょんと乗せ、
その後、地睫と付け睫をはさんでなじませます。

ツールも大事だったのね!と新たな発見(笑)

はじめて自分ひとりで付けてみた図↓

          IMG_4146.jpg

自然ですよね?
(付け睫ではじめてお買い物へ。
幼馴染のユミちゃんにも気づかれませんでした・笑)


美容院へも付けて行きましたが↓

          IMG_4224_20161001162050bf0.jpg

シャンプーの時にタオルを掛けられても
マスカラの睫が折れず(笑)快適でした。

マスカラの時間も短縮され、遠くから見ても
睫の存在がはっきりして・・・

もう、手放せなくなりそうです。
何事も諦めずに挑戦してみるものですね!(笑)

マスカラの時間や、メイクオフも時短になりましたが、
付け睫のケアはちゃんとしなくてはなりません。

使用後は、ぬるま湯に浸してしっかりと糊をはがし、
水気を取りながら形を整えて、清潔に保管すること。
そうすれば、何度でも繰り返し綺麗に使えます。

一長一短ではありませすが、
全体で考えたら、これからはやはり、つけ睫の
登場回数が多くなりそうな気がしています。

もちろん、アドバイスしてくれたのは、
エストネーションMAKE UP FOR EVERのYAEさん

メイクのアドバイスを受けるたびに、
本当にYAEさんは、「プロだな。」と感心します。

皆さんも、アイラッシュにご興味ありましたら
ぜひ、諦めずに(笑)試してみてください

すでにお使いの方も、
MAKE UP FOR EVERのラッシュショーナチュラルシリーズ
お薦めです!

Beauty | Comments(0) | Trackback(0)
2016/02/22

PERLES ET FANTAISIES

2月19日より限定発売、CHANELのフェイスパウダー
ペルル エ ファンテジー

          022101.jpg

シャネルの新作は、いつも必ずチェックしていますが、
ここ最近、ぐぐっと響いてくるものが無くずっと見送っておりましたが、

久しぶりに、トキメキました

練りチークも無くなりそうだったので、同じ色を更新しようと思ったのですが、
試したら、やはり新作のこの色(82 ローズ ペルレ)の方が素敵。

と一緒に購入。

シャネルのこのタイプのフェイスパウダー(大体限定発売)は、
本当に優秀で、毎回と言っていいほど買っていますが、

今回のパウダーは、パール感も、パールパールしていなくて、
ラメ感も無く、言ってみれば「艶」のみと言う感じの
仕上がりになります。

透明感と艶が、肌の内側からきらめいてくるような・・・
まさに、ストロボ的旬肌になれます。

以前のパール感もラメ感も好きでしたが、
やはり、いま、それらを使うと、なんとなくもう違うな。と
感じてしまって、最近は使っていませんでした。

ホワイトの部分をTゾーンとハイライトに、
ピンクの部分をチークの上から・・・と、教えて頂き、

そのようにしたら、あらら?本当にツヤツヤうるっと肌だわ。
2~3歳は若返った感じ!(笑)と、気分がものすごく上がりました

その上、このパールの型押しも、素敵じゃないですか?!
でも、勿体無くてつかえない~ではなく、どんどん使うのです!(笑)

それに・・・こちらの新作アイシャドーも

           022103.jpg

258 ティセ オンブル ドゥ リュンヌ

アイシャドウは、そういえば・・・一昨年の11月ハワイ旅行の際、
成田の免税店で買ったものを、ずっと使っていました↓

     s_DSC00280_20160222124038c4b.jpg

メイク用品も、一年以上同じものを使っていると、
なんとなく古い顔になってくるものです(経験談・笑)

本当に、微妙な加減なのですが、やはり「今」発売されている、
新しいメイク用品を使ってメイクすると、どこかしら新しい
「旬」の顔になれるような気がします。

まだあるし、無くなっていないし・・・けれど、
そういえば、随分長いこと使っているなぁ~と、気づいたら、

そして、心ときめく色に出会ったら、
さあ!新しいメイク用品に変えてみましょう!

沢山使う私でえ、アイシャドーなんて使いきったこと
ほとんど無いです。(メイク用品とはそんなものです・笑)

私は、このように「あるのに買う新しい化粧品」を
「楽しい無駄遣い」と呼んでいます(笑)

でも・・・鶴太郎さんが、パリの画材やさんで、
綺麗な色の絵の具をみて、興奮しながら

「魂が歓喜する!」と喜んでいらっしゃいましたが、

私もそれと同じなの。と無駄遣いの言い訳にしたい
気分です(鶴太郎さん、引き合いにだされてご迷惑ですね・笑)

これらのメイク用品を使うときもそうですが、
パッケージを開けて中を覗くたびに、ワクワクドキドキするのです。

それで、自分の顔をキャンバスに色をのせる。

綺麗な色や質感が肌の上に広がっていく・・・
その快感(笑)

「メイクもりっぱなクリエイションよ!」と
認めてくれた木村ちゃんの言葉に、後押しされ(笑)

クリエイション、クリエイション・・・と、
新しい自分になるべく、新しいメイクアップを研究中のミサコです

どうやったら、素敵になるかな?綺麗に見えるかな?
考えながら、メイクする一時は、とても楽しく幸せです。ね?

ペルル エ ファンテジー(名前もいい!)は、人気があるので完売間近?
もしくは、もう完売しているかもしれませんが、

気になった方は、シャネルコスメティックへどうぞお急ぎくださいませ!
(これだけは「必須の買い!」だと、私は思います・笑)

Beauty | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »